気象庁のxml天気データのパース方法

 

天気データのパース方法

気象庁の天気データのパース方法について簡単に説明します。

コード
 # 使用したxmlデータ(毎日朝6時更新):以下URLを入力すれば見ることができます。
  url  = "https://www.drk7.jp/weather/xml/13.xml"
  # xmlデータをパース(利用しやすいように整形)
  xml  = URI.open( url ).read.toutf8
  doc = REXML::Document.new(xml)

まずは元のデータxml形式をurlに代入します。

続いて、open-uriを用いて、URI.openします。URIを忘れると、Rubyやopen-uriのバージョンによっては、動作しないので、注意してください。

REXMLも、新しいRuby3.0系を使う場合は、gemをインストールしないと動作しません。注意ください。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA