何においても言い方・伝え方が大事

最近、何をするにしても伝え方や言い方が大事だなとおもうようになった。そこで今回は言い方や伝え方が大事だと言うことについて簡単にまとめておきたいとおもう。

結論から言うと「言いたいことを我慢するのではなく、言い方を変えて伝える」と言うことだ。

何においても言い方・伝え方が大事

言い方・伝え方が大事

とにかく言い方や伝え方は大事だ。理由は伝え方一つで、その人が受ける印象はガラッと変わってしまうから。

直接伝えてしまうことは結構問題が多い。不要な敵対心・対立を生むからだ。でも言い方を少し変えるだけで、そう言うことは極力避けられる。

だからこそ言い方や伝え方がとっても大切だ。

受け入れてもらいやすい言い方で

相手にお願いするときは、相手にメリットがあるように伝えよう。理由はそのほうが受け入れてもらいやすくなるからだ。

特に相手に何かしらお願いしたいときは、特に相手のメリットを考えて発言した方がいい。一応考え方は以下の3ステップだ。

  1. 自分がどうしたいかをちゃんと理解するが、そのまま思った通りには言わない。
  2. 相手はどうしてそれをしたのか考える。相手の頭の中を想像する。
  3. 相手のメリットも考えた上で、自分のお願いを提案してみる。

やってみるとわかるが結構難しい。相手にもメリットがあるようにするのは、相手のことをちゃんと考えていないとなかなかできるものじゃない。

聞きたいことはちゃんと聞く

自分が気になったことはちゃんと相手に確認しよう。理由はちゃんと確認しておかないと後から認識の違いなどが起きてしまいやすいから。ただ言葉の選び方には注意しよう。

例えばしょうもない質問をしすぎて、怒られる場合。どんな質問だったらしていいのか分析するのはもちろん、どうやったらみんなにメリットのある質問になるのかを考えて発言すると言うことを意識するだけで、結構変わるはずだ。

聞けなくなってしまうんではなくて、どうしたら聴けるか、どうしたら相手にもメリットがあるか考えて行動しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。