Unityでゲーム開発②:Windows版Unityのダウンロード

ではゲーム制作のために、UnityをPCにインストールしてみる。特に難しい操作はないので、とりあえずダウンロードしてみよう。

  • 手順1
    Unityの公式サイトへアクセスする

    Unityの公式サイトからUnityをダウンロードする。以下のボタンからアクセスできる。

    Unityのダウンロード

  • 手順2
    ダウンロードページの「Unityを選択+ダウンロード」をクリックする

    公式サイトのダウンロードページから「Unityを選択+ダウンロード」のボタンをクリックする。

  • 手順3
    Personal版のUnityを選択

    Unityには無料版のほかにも高機能なPlus版とPro版があるが、初めて使う場合にはPersonal版で十分だ。「Personalを試す」をクリックして次に進もう。

  • 手順4
    利用規約に同意して、インストーラーのダウンロード

    ダウンロードにあたり、Unityの利用規約に同意することを求められる。条件に同意するのチェックボックスにチェックを入れる。するとインストーラーをダウンロードできるようになる。今回はWindows版をダウンロードするので、「Windows用のインストーラーをダウンロードする」をクリック。

  • 手順5
    Unityインストーラーのダウンロード先を選択する

    Unityインストーラーのダウンロード先を求められるので、自分の好きな保存先を選択して、保存をクリック。だいたいわたしゃーデスクトップですがね。ご自由に。

  • 手順6
    インストーラーの起動

    しばらく待つと、インストーラーがデスクトップに表示されるので、インストーラーをダブルクリックで起動する。

     

  • 手順7
    インストーラーの指示に従ってNEXTをクリック

    インストーラーが立ち上がり、画面が表示されるので、指示に従って「NEXT」をクリック。

  • 手順8
    ライセンスの条件に同意するのチェックボックスをチェック

    使用規約が表示される。ライセンスの条件に同意するという部分にチェックを入れる。

  • 手順9
    「NEXT」ボタンをクリック

    ライセンスの条件に同意するのチェックボックスにチェックを入れると、NEXTボタンが選択できるようになるので、「NEXT」をクリック

  • 手順10
    インストールするアプリケーションを選択して、「NEXT」をクリック

    インストールしたいアプリケーションを選択できる。あとからでもインストールしたくなったら、ここにあるアプリケーションはインストールできる。なので今回はデフォルトのまま、「NEXT」をクリック。

  • 手順11
    インストール先を選択して、「NEXT」をクリック

    Unityのインストール先を求められるので、インストール先を選択して「NEXT」をクリック。というかそのまま「NEXT」をクリックでOK。

  • 手順12
    Unityのインストールが開始される

    Unityのインストールが開始される。場合によっては1時間程度インストールに時間がかかることもある。

  • 手順13
    インストールの終了画面が表示される。「Finish」をクリック。

    この画面が表示されれば、無事にインストールが終了したことになる。「Finish」をクリック。

  • 手順14
    Unityがインストールされている

    Unityがインストールされているか確認しよう。インストール先にこのようにアイコンがあれば、大丈夫だ。

まとめ

ということで、今回はUnityをインストールする手順をまとめた。一見すると難しそうだが、手順をしっかりと守っていけば、簡単にインストールできる。Unityを初めて扱う場合は、Personal版で十分なので、気軽に無料ではじめてみてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください