職場の人間関係がうまく回りだす方法〜とにかく無理をしないこと〜

どうも、相手のちょっとした言葉に傷ついて、気疲ればかりしてしまうものです。

さて皆さんの中には、仕事上の人間関係がうまくいかないと感じて悩んでいる人はいませんか?おそらくほとんどの方が職場での人間関係に悩まれていて精神的にまいったことがあると思います。私もそうでした。

今回はそんな職場の人間関係がうまく構築できない人にむけて、少しでも自分の気持ちを楽にする方法をまとめておきたいと思います。結論は「とにかく無理をしないこと」です。

仕事や人間関係がうまく回りだす方法〜とにかく無理をしないこと〜

仕事や人間関係に疲れるのは無理しているから

疲れる理由

まずシンプルに職場の人間関係の構築って疲れますよね。それはなぜか。結論は「無理しているから」です。職場で気持ちよく過ごすためにはある程度人間関係を構築しておきたいという気持ちはわかります。

例えば仕事を頑張らなきゃいけないとか、あの人と仲良くならなくちゃいけないとか、そんな風に思っていると結局無理してしまって疲れてしまいます。

頑張ることを求められる社会

確かに仕事でも人間関係でも日本という社会では「頑張る」ことが美学のように語られることが多いです。

確かにサボっているよりは頑張っていた方がいいと思いますが、頑張るというよりも決められたことを無理せずにきっちりとやっていくということの方が大切です。

例えば仕事でも無理して体を壊してしまってはもともこもありません。自分のことをしっかりケアしつつ、結果を出すことが大切ですよね。

ですがなかなか今の日本の職場では、上司の圧力もあって頑張ることをやめるわけにはいきません。ではどうしたらいいのでしょうか。

まず無理している感覚に気づくこと

無理しすぎで無理している感覚が麻痺している

ではどうしたらいいのかということですが、まず無理をしているということに気づくことが第一歩です。

ちなみに長い間、無理し続けていると今の状態が体に負荷がかかりすぎているという状態だということすらわからなくなっている場合があります。この場合は体を壊してしまったり、精神的にいきなり苦しくなってしまいます。

まずは自分の無理しているという感覚をしっかりと確認してください。今、無理していませんか?嫌なのにやっていませんか?仕事上できついのにやっていることってありませんか?

それを続けることで結局苦しくなってくるのは自分です。まずは無理をしている自分に気づくことからはじめます。

無理しないことを続けることで自分の心地よい場所が見つかる

無理しないことを続ける

無理していることに気づけるようになったら、無理しないようにしてください。具体的には、自分にあまりにも負荷がかかりそうな場合は、これを続けるのは難しいですと伝えることです。

そして無理しないことを続けて行ってください。先ほどと同じようにことあるごとに自分の体に無理しているかどうかを確認します。もし無理していることに気付いたら、無理しないようにするということを続けていきます。

最初は難しいかもしれませんが、徐々にできるようになってくるはずです。

無理しなくて良い場所が見つかる

無理しないことを続けていくことで無理しなくていい場所が見つかってきます。自分は無理しなくても大丈夫なんだということに気づけるようにもなります。

自分が無理しなくていいという場所を見つけられることは将来的にも非常に重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA