翻弄の血

近年の行動遺伝学において重要な発見がありました。

それは「知能に及ぼす遺伝の影響は発達とともに増加するということ」です。

この事実は、多くの人の直感に反するものでした。

今までは以下のように考えられていました。

誕生直後、遺伝の影響が最も大きい。成長するにつれ、家庭、学校の影響を受ける。結果、環境要因が強まって、遺伝の影響が小さくなる。と。

しかし実際は逆でした。成長すればするほど、遺伝の影響をより発現するようになるのです。

例えば、親が重度の神経症を患っていた場合、それが子に遺伝することが示されました。遺伝率は約80%です。

これは子の精神疾患の約80%を、親の精神疾患で説明できるということです。

 

あ、そうそう。

そう言えば、うちの家族って、人付き合いが苦手だったな。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA