物事に全力・本気になる方法

全力・本気になるには、その人と取り組むことに対しての相性などが重要になることも多い。

ただ本気になるためのいくつかのコツがあるので、それについて簡単に紹介しておきたいと思う。結論は「目の前のことに集中する」と言うことだ。

全力・本気になる方法

今この瞬間、目の前のことに集中する

今取り組んでいることに集中すると言うことが全力を出すためには重要だと理解しておこう。理由は今、全力になっていることの連続が未来になり、それが本気になっていると言うことだからだ。

例えば仕事でプレゼンの準備をしなくてはいけない場合。プレゼン当日のことを考えることも重要だが、今、目の前のプレゼンの準備に集中すると言うことが重要だ。これを繰り返すことで、本気になることができる。

まずは目の前の一瞬一瞬を集中して取り組むこと。それがの積み重ねが全力・本気になる最低条件だと覚えておこう。

本気で取り組むことをひとつにしぼる

本気で取り組むことは、できればひとつに絞ろう。理由は人は多数のことに全力で向き合うほどの力はないからだ。

例えば私の場合。プログラミング、麻雀、読書などといくつもの目標を立てていたことがあったが、今はプログラミング一本に絞っている。理由は簡単で、全部のことに取り組めるほど能力も実力もないことがわかったからだ。

人によってはできることもあるだろうが、基本的には集中することはできるだけひとつにしぼること。それ以外のことはできる限り排除してしまおう。

期間を決めて取り組む

本気で取り組むことを決定したら、期間を決めよう。理由はずっと本気でい続けることは不可能だからだ。

例えばマラソンを考えてみよう。あれは距離が決まっているから一生懸命走れるが、走る距離が決められていなかったらいつまで走っていいかわからず走る気力もなくなってしまうものだ。

だから全力で取り組むことを決めたら、期間を決めること、その期間はそれに打ち込むことを徹底しよう。それを繰り返すことで全力で取り組むことができるようになるはずだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA