徹底自己分析⑧:高校生の時の記憶・経験

前回、前々回で小学校、中学校の経験を振り返ってきた。今度は高校生の時の記憶と経験を振り返っていこう。

高校生の時の記憶・経験

高校生の時というのは、中学の時と比べて、体は大人に近づくし、身体能力が1番高い時期だ。しかし精神面ではまだ未熟だなところがたくさんある。心と体のギャップが大きい時期といえる。

また高校3年生の時には、大学進学するのか、就職するのかといった大きな進路の選択を迫られる。その時にどうしたのか、どんな考えだったのか。高校1年のこと、2年のこと、3年のことを丁寧に思い出そう。

高校時代の経験が、考えたことが、今も変わらない信念になっていることも多い。

振り返る項目

  • 勉強・成績
  • クラブ・サークル
  • 趣味・遊び
  • 恋愛
  • 友人
  • 家族
  • アルバイト
  • 影響を受けた人
  • 当時の夢
  • その他

まとめ

高校時代のことについて、振り返れただろうか。この時期も、様々な経験があったと思う。大切なことは、成功した経験ではない。むしろ失敗した経験だ。失敗から何を学んだのか。そこが大切だ。