転職先となる会社を見極める3つの方法

どうも、転職を考えているものです。今回は転職先となる会社を見極める3つの方法について簡単にまとめておきたいと思います。

転職先となる会社を見極める3つの方法

転職先となる会社を具体的に考えているときに、以下のポイントに注目することで、転職先の会社を見極める手助けになるかもしれません。

  1. その会社で働くことで、自分の市場価値は上がるか
  2. 自分と似たような人が多く、裁量権もある程度あって、働きやすい職場かどうか
  3. 転職した会社で、活躍の可能性が十分あるかどうか

自分の市場価値は上がるか、そして働きやすいか

この働きやすさと自分の市場価値が上がるかどうかについては、相関関係があります。要するに「働きやすい会社で働くことで自分の市場価値は上がる」ということです。

例えば自分の働きやすいという会社には、似ている人が多いので友達ができやすく、結果として成果も上がりやすいことが多いです。

それにより会社での地位が高まったり、高いスキルが身につきます。そして自分の市場価値も上がっていきます。

つまり自分の働きやすいところ、もしくは今市場価値が上がっているところは仕事をする上で極めて重要なことだということですね。

活躍の可能性が十分か

そしてもう1つのポイントが、転職した会社で活躍の可能性が十分にあるかどうかです。理由は活躍できなければ、自分の市場価値もあがらないし、何より仕事が楽しくないからです。

ではどうしたら自分が活躍できるかどうかを判断できるでしょうか、以下の3つの質問を面接官にしてみることをお勧めします。

  1. どんな人物を求めていてどんな活躍を期待しているのか?
  2. 今一番社内で活躍し、評価されている人はどんな人物か?それはなぜか?
  3. 自分と同じような中途で入った人物で、今活躍されている人はどんな社内パスを経て、どんな業務を担当しているか?

ここで聞いたことが自分にもできると思えるのなら、その会社で活躍できる可能性があるかもしれません。

一方で全くイメージできそうにないということならば、それは自分が活躍できる可能性は低いと考えた方がいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA