常にお互いが満足できる案を見つける気持ちを持つ

どうも、しんじです。

今回は大切にしたい人との関係を続けていくために必要な考え方をまとめておきたいと思います。

結論は、常にお互いが満足できる案があると信じて、行動することです。

正反対の方向を向いていてもお互いが満足できる案を見つける気持ちを持つ

敵か味方

私たち人間は、敵か味方かで判断しやすい生き物です。複雑な状況を理解できないが故に、二分割しがちです。

ポイントは、そういう特性があることを知っておくことです。正反対と思っていても、じっくり話し合っていく中で、そうでないと気づくこともあります。

自分と相手の立場を客観的に判断できるかどうかが大切です。

お互いが満足できる案はある

例え話し合った結果、正反対の方向を向いていたとしても、必ずお互いが満足できる案はあります。

そう信じてお互いが満足できる案を探し続け、そして相手に提案することが大切です。

これは片方だけがそう思っていてもダメです。お互いにこの気持ちを持っている必要があります。

まず最初に、2人がお互いにOKな案を探す気持ちはあるかどうかを確認してください。そこを確認できた上で、話し合いに入れるといいですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA