【Ruby技術者認定試験合格教本Silver】模擬試験で調べたことまとめ(1-10)

今回Ruby技術者認定試験合格教本のSilverの模擬試験を解く中で、調べたことや知ったことについて簡単にまとめておきたいと思います。

参考 Ruby技術者認定試験合格教本Amazon

【Ruby技術者認定試験合格教本Silver】模擬試験で調べたことまとめ(1-10)

問題1

Rubyの予約語を確認。Railsだと使える物などが入ってくるので注意。

問題2

同じ変数名でも、メソッドの外と中では別の変数として扱われる。したがって、メソッドを抜けた後に変数xの値は0になる。

問題3

Rubyの偽の値は、nilとfalseのみ。

問題4

&&は左側がfalseなら全体がtrueになることはないため、右側の処理を行わない。||の場合、左側がfalseだとまだ全体がtrueになる可能性があるため、右側まで評価する。

問題5

「..」は両端を含む。「…」は終端を含まない範囲。

問題6

定数に新たな代入を行うときには警告が発生する。ここでは破壊的メソッドを呼び出しているだけなので、警告は発生せずに文字列が書き換わる。

問題7

ひとつの処理に対して複数のrescueを指定できる。

例外スタックを取得するにはbacktraceメソッドを使う。

ensureは必ず記述する必要はない。

問題8

rescue節はrescue 【例外型】 => 【例外変数】

問題9

「?」に1文字足すと、その文字列自身を1文字だけ含む文字列オブジェクトを返す。

問題10

サブクラスの定義には「<」をしよう。Kernelはモジュールなので、継承はできない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA