【Ruby技術者認定試験合格教本Silver】基礎力確認問題で調べたことまとめ(1-10)

今回Ruby技術者認定試験合格教本のSilverの基礎力確認問題を解く中で、調べたことや知ったことについて簡単にまとめておきたいと思います。

参考 Ruby技術者認定試験合格教本Amazon

【Ruby技術者認定試験合格教本Silver】基礎力確認問題で調べたことまとめ(1-10)

問題1

マジックコメントは「coding : エンコーディング名」が正しければ、その前後には任意の文字列を並べることができる。また大文字小文字の区別もない。

問題2

メソッドの内と外では、変数名が同じでも別の変数として扱われる。

問題3

rescue節において例外型を省略するとStandardErrorとそのサブクラスを補足する。

2行目で発生するタイプエラーはStandardErrorに含まれるので3〜4行目でエラー捕捉される。

ensure節はいつでも実行される。

問題4

0で始まる数値は8進数の整数リテラル。8進数では格桁の最大値は7なので、選択肢の090という値はありえない。

問題5

三項演算子を参照

問題6

特になし

問題7

特になし

問題8

グローバル変数は、ローカル変数と反対の変数。どこからでも参照可能、書き換え可能。先頭の文字は$。

問題9

最後にHogeクラスのinitializeにあるHelloがsuperによって呼び出されているため、最終的な値は”Hello”。

問題10

モジュールに定義されているので、インクルードするか、モジュールを明示的に宣言する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA