【Ruby技術者認定試験合格教本Silver】模擬試験で調べたことまとめ(21-30)

今回Ruby技術者認定試験合格教本のSilverの模擬試験を解く中で、調べたことや知ったことについて簡単にまとめておきたいと思います。

参考 Ruby技術者認定試験合格教本Amazon

【Ruby技術者認定試験合格教本Silver】模擬試験で調べたことまとめ(21-30)

問題21

配列に演算子「ー」をしようすると、左のオペランドの配列から、右のオペランドの配列を削除。同じものがいくつも含まれていたとしても削除される。

問題22

同一の動作をするメソッドを知っておくこと。

問題23

特になし

問題24

Arrayクラスのshiftは配列の先頭の要素を取り除く。unshiftは配列の先頭に要素を追加するが引数を指定しなければ、何もしない。

問題25

concatは配列の連結。compactはnil要素の削除。uniqは重複しているもののの削除。ただしcompactとuniqは非破壊メソッドなので、オブジェクトの値は変更されない。

問題26

detectとfind、selectとfind_allが同一の動き。

問題27

特になし。

問題28

文字を%w()で囲むと要素が文字列の配列として評価される。区切り文字は空白という決まり。

問題29

Array#zipは自身の引数に渡した配列の各要素からなる配列を精製して返す。ブロックを渡した場合も各要素を順番に返す。transposeは2次元配列の行と列を入れ替える。

問題30

特になし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA