Ruby入門|文字列と数値について

<この記事はこんな人におすすめ>

  • Rubyを学習しようとしている入門者
  • Rubyの文字列や数値ってどうやって表現するんだっけ?とうろ覚えな人

<この記事によってわかること>

  • Rubyの文字列、連結について
  • 数値について
  • 文字列と数値の違いについて

Ruby入門|文字列と数値について

文字列

Rubyの文字列には、ルールがあります。細かくみていくと色々あるのですが、大まかには以下の3つです。

  1. クォーテーション(””か’’)で文字を囲う
  2. クォーテーションは半角でないといけない
  3. クォーテーションで囲わないとエラーになる

何かしらの文字をダブルクォーテーションでもシングルクォーテーションで囲うと、文字列の完成です。ダブルとシングルの違いについては、また今度ほど説明します。

この時、使用するクォーテーションは半角で入力します。またクォーテーションで囲わないとエラーになってしまいます。

文字列の連結

文字列同士に「 + 」を用いることで、文字列を連結することができます。

数値

数値の大まかなルールは以下の通りです。

  1. 数値は文字列と違って、クォーテーションで囲まない
  2. 数値は半角で入力する
  3. 足し算は「 + 」、引き算は「 – 」、かけ算は「 * 」(アスタリスク)、わり算は「 / 」、あまりの除法は「 % 」

数値は文字列と違って、クォーテーションで囲む必要はありません。また半角で入力する必要があります。

四則演算に加えて、除法のあまりも計算することができます。例えば「10 % 3」を出力すると「1」が表示されます。

文字列と数値の違い

文字列と数値は別物です。

例えば以下のようなコードの場合、「5 + 2」は「7」ですが、「’5 + 2’」は「5 + 2」と表示されます。また「3 + 2」は「5」ですが、「’3′ + 2’」は「32」 と表示されます。

まとめ

というわけで今回はざっくりと、文字列と数値についての解説を行いました。次回は変数についてまとめていきたいと思います。では。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。