Ruby入門|配列の基本について

<この記事はこんな人におすすめ>

  • 配列の基本について知りたい人
  • 配列の使い方を知りたい人
  • Ruby入門者

<この記事でわかること>

  • 配列の作り方
  • インデックス番号
  • 配列の要素の使い方

配列の基本について

配列について

例えばゲームを作っていて、プレイしてくれるユーザーのIDを管理したいとします。

その時に各プレイヤーを別々の変数として定義するのではなくて、ユーザー一覧としてまとめて管理できると一気にIDも参照できてGoodです。

そんな時に活躍するのが、複数の値をまとめて扱う方法である「配列」です。

配列の作り方

配列は [値1, 値2, 値3] とすることで作ることができます。値は[‘Suzuki’, ‘Kato’, ‘Tanaka’]のような文字列や、[47, 13, 26]といったような数値も扱うことができます。

配列に含まれている値の一つ一つを配列の「要素」と言います。

配列も変数に代入できる

配列も変数に代入することができます。次のサンプルコードをみてください。

「languages」という変数に「日本語」「英語」「スペイン語」をまとめて代入しています。これを出力すると、「日本語」「英語」「スペイン語」が表示されます。

配列の場合は変数名に複数形を使うことが慣習的に多いので、覚えておいてください。

インデックス番号

配列の要素には、前から「0、1、2…」という形で数字がふられています。これをインデックス番号と言います。

インデックス番号は「1」からではなく「0」からスタートするのに気をつけてください。

配列の要素を使う

配列の各要素は「配列[インデックス番号]」とすることで、使うことができます。

次のサンプルコードをみてください。変数のlanguagesに配列が代入されています。それぞれの要素を取り出して、使っているのがわかると思います。

まとめ

ということで今回は配列の基本についてまとめておきました。配列にはまだまだ色々ありますが、とりあえず基本ということでまとめてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。