Rubyのエラー処理と例外について簡単にまとめる

どうも、Rubyをやっているものです。

突然ですがRubyのエラー処理と例外ってよくわからなくないですか?そこで今回はエラー処理と例外についてざーっくりとまとめておきたいと思います。

Rubyのエラー処理と例外について簡単にまとめる

エラー処理について

とりあえずプログラムを書いている人にとっては、エラーというのは身近なものです。というかエラーを発生させずにプログラムを書き切るなんて無理です。

そんな僕らの友達、エラーというのはいくつかの種類に分けることができます。大体以下の3つです。

  • データのエラー
  • システムのエラー
  • プログラムのミス

いろいろなエラーがおきますが、だいたいの対処方法というのは決まっています。以下のような方法です。

  • 原因を取り除く
  • 無視して続行
  • エラー発生前に復元する
  • もう一度試す
  • プログラムを終了する

例外について

ちなみにエラーが起きる時というのは、何かしらおかしな処理が入っているんですが、そのエラーをより簡単に理解するために例外というものがあります。例外っていうのは簡単にいうとエラー処理をサポートするためのものです。以下のようなメリットがあります。

  • 操作の完了を1つ1つ確認しなくても、エラーは自動的に検出される
  • エラーの発生場所も同時に報告されるのでデバックしやすい

例外の書き方の代表的なものは以下の通りです。

コード
begin
 例外を発生させる処理
rescue
 例外が起こった場合の処理
end

例外の書き方

後処理

たまに例外を発生させた中でも、常に実行したい処理がある時があります。この場合についてはensure節を使って実行させます。

コード
ensure
 例外の有無にかかわらず実行される処理
end

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA