日々のルーティーンが甘くなった時の対処法

どうも。今回は毎日行っているルーティンが甘くなってしまったときの対処法について簡単にまとめておきたいと思います。

日々のルーティーンが甘くなった時の対処法

基本的に1日1回とか一瞬でOKなことを思い出す

まずこれが一番大切なんですが、ルーティーンと言うのは最低限のハードルを設定するべきものなので、ちょっとでもやればOKであると言うことを忘れないことが大切です。

ルーティンをずっとやっていると、もっともっとと言う気持ちが働きがちです。しかし全然そう言う気持ちは必要ありません。例えば腕立て伏せを1回やると言うふうに決めたなら、それを永遠にやり続けていけばOKです。

成長マインドがある人ほど、これを忘れがちです。無理がかかってしまっても続かないので、それをまずは自覚しておきましょう。

動画など時間の一定なものを使う

ルーティンに組み込む際に、ひとつおすすめなのは、動画などですね。動画は時間が一定なので、そう言う意味では、決められた時間をしっかり取り組むことができます。

自分の感覚で筋トレなどの回数を決めてしまうと、やっぱり楽しがちです。時間を必ず一定時間消費する類のものを使って、ルーティーンを作ってみるのは良いのかなと思います。

回数や目標を再設定する

あとはシンプルイズベストですが、回数や目標を見直すと言うことですね。基本的には目標をより困難にするのではなく、楽な方向へシフトするべきです。理由はルーティンというのは、毎日続けることが目標だからです。

毎日少しずつ続けた結果として、何か成果物がついてくるというだけですので。

もしルーティーンが続けられないということなら、目標が高すぎる可能性があります。

なので、今一度目標とかを見直して、下方修正してください。全然悪いことじゃないですよ。それを続けられるなら、下方修正した方が、相対的にみて効果があるはずなので。

では!

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA