本来の自分を出したい人の葛藤

最近、というか今までずっと、自然体の自分でいたいと常に思い続けてきた。だけどやっぱり難しいなと感じることの方が多い。

今回は今自分が感じている葛藤について簡単にまとめておきたい。結論は「本来の自分を出したい、けどどうすればいい?」ということだ。

本来の自分を出したい

人によって態度が変わる

まず絶対直したいと思っているのが、初対面の人との対応だ。なんか知らんけど、緊張しまくってしまって、よくないなぁと感じている。相手は壁を感じるんじゃないかなぁ。

緊張とか、自分をもっとよく見せたいとかそんな感情なのかもしれないけど、そういった猫被りの行動って長くは続かないよなぁとも思うし。

とにかくズボラだけど頑張り屋な自分をしっかりと出せるようにしていきたいなと感じる。

本当は自分を出したい

本当は妻と2人でいるときしか出さない自分っぽさをもっといろんな人と接する中で出していきたいと思っているけど。

そうやって嫌われたら嫌だとか勝手に思っているだけなのかもしれないけど、なかなか大変だなぁって。あとは年上の人にどうやってそういった自分を出すことができるかどうかかなぁ。

そういう部分っていうのは、踏み込んでいっていい部分とそうでない部分の差がいまいち理解できないところも多い。結構守備的なんだなぁって改めて感じる。

その方法がわからない

じゃあ本来の自分を出す方法ってどんな方法があるのかなぁって思うと、いまいちピンとこない。今ひとつ思ったのは、自分の感じるままに行動するってこと。

例えばいいと思ったものはいい。嫌だと思ったものは嫌。そうやって好きと嫌いとをちゃんと発言していくことで、自分を出していくことができるのかなぁ。あとはその言い方だけちゃんとするという感じかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。