【リーダブルコードまとめ】第1章:理解しやすいコード

どうも、最近コードをたくさん書いています、しんじです。さて今回はリーダブルコードの内容をざっくりとまとめていきたいと思います。まずは第1章の理解しやすいコードについてです。

【リーダブルコードまとめ】理解しやすいコード

コードは理解しやすくなければいけない

優れたコードの1番の特徴は何かというと「理解しやすいこと」これに尽きます。なぜならどれだけ短くコードを書けたとしても、他の人が理解しにくいコードは扱いづらく、改修されにくくなってしまうからです。

例えば短くても難しいコードだと、バグを見つけにくくなったり、変更を加えにくかったりします。そうなればそういった問題が放置されてしまいがちです。

だからこそコードは他の人が最短時間で理解できるように書かなくてはいけないものだと言えます。

このコードは理解しやすいかを常に考えて書く

なので1つのポイントは「このコードは理解しやすいだろうか」を考えてコードを書くことです。コードを理解しやすくするための工夫には変数名や見た目などの表面的なものから、大規模なリファクタリングのような作業までさまざまなものがあります。

ですが、どんな作業を行うにしても、コードが理解しやすいかどうかを常に意識して作業することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA