【リーダブルコードまとめ】第4章:見た目が美しいコード

今回はリーダブルコードの見た目が美しいコードについてまとめていきたいと思います。結論は、見た時に綺麗に見えるコードを書きましょうということです。

【リーダブルコードまとめ】第4章:見た目が美しいコード

一貫性のあるレイアウトを使う

一貫性のあるレイアウトを使いましょう。理由は複数のレイアウトが混在していると、理解するのに時間がかかるコードになってしまうからです。

例えばRubyでも” “を使うのか’ ‘を使うのかは人それぞれですが、どちらも混ざっているというのはあまり良くないです。結局どちらか一方にまとめておくことが大切です。

似ているコードは似せて書く

似ているコードは似たように書くのが原則です。理由は似せて書くことで構造が似ていることを見た目から理解でき、理解するのにかかる時間を短くすることができるからです。

例えば、似ているコードを書こうとしているときに、一貫した改行の位置を決めることによって、良い見た目でコードを書くことができます。

関連するコードをまとめてブロックにする

関連するコードをまとめてブロックにします。理由はそのまとまりで意味が固まっていることがわかるので、理解するのに時間が少なくて済むからです。

例えば全てがバラバラになっているコードと意味のかたまりでまとまりになっているコードでは、後者の方が読みやすいですよね。段落に分けられているようなイメージです。

以上。美しい見た目のコードを書きましょうということでした。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA