RailsのPUTとPATCHの違い

今回RailsのPUTとPATCHの処理の違いについて気になったので調べてみました。簡単にまとめてありますので、イメージを掴むのに使ってください。

RailsのPUTとPATCHの違い

結論

PUT

PUTは更新というよりは置換。ファイルをアップロードするような形のイメージ。指定のURLにあるリソースを丸ごと置き換える処理。

PATCH

既存のリソースを更新・変更・修正する処理。Railsで開発している時に更新をイメージするようなリソースの一部を更新する処理はPATCH。

※ちなみに開発の現場では、基本的に何使ってもオッケーだそうです。目的の挙動が実現できれば。

GETとPOSTしかないフレームワークもあるみたいですので。PUTとPATCHの大まかな違いがわかっていれば、良いのかなと思いました。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA