RailsアプリのDocker環境を構築できた件

今回RailsアプリのDocker環境を構築できたので、環境構築の手順と、環境構築の際に感じたことについてまとめておく。

結論は「エラーをちゃんと解決しよう」と言うことだ。

RailsアプリのDocker環境を構築できた件

RailsアプリのDocker環境を作成

RailsアプリのDocker環境を作成できた。結論から言うとRails6系ではなくRails5系でやって行ったら、うまく行ったと言う感じ。あとはしっかり中身を作成していくだけと言う状況。

環境構築だけでかなりの時間がかかってしまった。涙。

試行錯誤の繰り返し

とにかく試行錯誤の繰り返しだった。うまくいかなかったときは、どうしたらうまくいくのか考えるけど、うまくいってしまうときは、それを振り返ることはしない。

今までうまく行っていたことが、突然うまくいかなくなった時もあって戸惑った。ただ最初から取り組んでみたり、いろいろなブログの情報を参考にすることで、一つずつクリアしていけた。

エラーをちゃんと解決していくこと

エラーを一つずつ解決していくことがやっぱり大切。理由はエラーを解決することで必ず一歩すすめるから。

例えば環境構築の時に、なぜかエラーが出てしまった時。エラーを読むのが嫌になって、最初からやり直したりしていた。

だがそこでちゃんとエラーと向き合っていくことで、攻略できるものだと言うことに、今さらながら気づかされた。

これからはしっかりとエラーと向き合って、取り組んでいきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。