RailsのテーブルカラムへのNotNull制約を後から追加する方法

RailsのテーブルカラムへのNotNull制約を後から追加する方法

以下の方法で、後からNot Null制約を追加することができます。

コード
class ChangeColumnsAddNotnullOnTasks < ActiveRecord::Migration[5.2]
  def change
    change_column_null :tasks, :title, false
    change_column_null :tasks, :created_at, false
    change_column_null :tasks, :updated_at, false
  end
end

以下のようにfalseにすることで、not null制約をつけられる感じです。

コード
change_column_null :テーブル名, :カラム名, false

以下のようにtrueにすると、not null制約を外すことができます。

コード
change_column_null :テーブル名, :カラム名, true

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA