【エンジニア】困った時に聞ける先をどうやって確保するか

【エンジニア】困った時に聞ける先をどうやって確保するか

困った時に聞ける状況にある重要性

  • 業務を進める中で、必ずわからない問題にぶつかる
  • 基本的には自分で考えて、問題をクリアすることが大切
  • ただ時間がかかりそうな時、プロジェクトの納品期日があるので、質問できる環境があるのは重要

質問先はプロフェッショナルである必要がある

  • 質問に回答してもらう人は、プロフェッショナルな方が良い
  • 理由は経験の中から、よりベターな選択を取れるように指示してくれるため
  • プロフェッショナルかどうかは、自分で確認して判断する
    • 公式の質問フォーラムで質問するのが最も質の高い回答をもらえる

質問できる環境にはお金を払う

  • プロフェッショナルに質問できるのであれば、お金を払ってでも質問する
  • 理由は問題解決につながって、良い評価にも影響するかもしれないし、自分への自己投資になるかもしれないから
  • ただあくまでも、もらえる回答の質には十分に注意する必要がある
    • 質問に対し、期待通りの返事があったからと言って、それが本当に良いかどうかわからない

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA