プログラミングスクールで解決するべき課題とソリューション

プログラミングスクールで解決するべき課題とソリューション

自学自習し続けることが難しい

  • 独学力がないとスクールの課題をクリアできない
  • 目標設定しクリアしていく力がないと、将来的にエンジニアとして生活するのが困難
  • 本来、自学自習能力とは高校受験、大学受験の時に身つけるもの

ペルソナ

大学3〜4年。社会人目前で比較的時間に余裕あり。

ソリューション

  • 成績優秀者の学習方法をストック
  • 独学力を身につけるのが難しいなら超短期集中合宿の実施(超スパルタ)
  • 困っているポイントの聞き取り。対応する学習方法の提案

わからない部分を自力で解決できないので挫折しやすい

  • わからない箇所がわからない
  • 質問の仕方がわからない
  • エラーの解決方法がわからない
  • わからないことがある状態で前に進めない

ペルソナ

大学3〜4年。社会人目前で比較的時間に余裕あり。

ソリューション

  • エラー解決方法のカリキュラム作成
  • エラーに対する解決方法をストック。生徒間で共有
  • パブリックな質問サイトを利用する

※エラーを解決を目的にすると、メンターの負担が増加する。だが顧客が本当に求めているのはこちらの可能性がある。

個々人の課題への取り組みレベルが把握できない

  • 個々人で初期段階のレベルが異なる
  • 個々人でサービスに対して求めていることが異なる
  • メンターとの相性も異なる

ペルソナ

大学生、社会人、おじさん

ソリューション

  • 何を求めているかストレートに聞く。求められているものを提供できない場合、事前に伝達
  • 性格分析を行なって、メンターとの相性を確認する
  • 個別のカリキュラムを作成する

実務経験を積めないので就職が難しい

  • 求められるレベルに際限がない
  • どの企業によっても求めているレベルは異なる
  • 実務経験をプログラミングスクールで身につける必要性

ペルソナ

就職活動が困難な人、社会人でも年齢が30代以降で実務経験がない人

ソリューション

  • 実務経験をつむことができる環境を作る
  • 生徒のポートフォリオ作成のサポートをする。収益が発生するモデル

※プログラミングスクールのゴール設定の必要あり。就職、ポートフォリオ作成?

受講生同士のコミュニケーションが希薄

  • 受講生同士のコミュニケーションが希薄になりがち。オンラインに限らず、オフラインでも
  • コミュニティ運営がわからない
  • 受講生同士の属性が多様すぎる
  • 受講生同士のコミュニケーションを求めていない人もいる

ペルソナ

受講生

ソリューション

  • オンラインサロン運営手法を導入
  • 受講生の参加条件の設定
  • オフラインでのコミュニケーション

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA