【未経験エンジニア】たとえエンジニアになっても自作アプリを作り続けよ

どうも、しんじです。今回は未経験からエンジニアになって感じたことについて、簡単にまとめておきたいと思います。

結論は「エンジニアとして就職したからと言って、ポートフォリオ作りをやめないこと。作りたいものを作り続けよ。」ということです。

【未経験エンジニア】エンジニアになっても自作アプリを作り続けよ

未経験エンジニアとして就職して分かったことがあります。それは最初から自分のやりたい業務に就けることはないということです。理由はいくつかあるのですが、最も大きいのはスキルです。

私はWeb系Ruby・Railsエンジニアとして就職しましたが、最初の業務はPythonの組み込み系作業をやってます。要するにやりたいこととは別のことをやってます。

別にこれに文句が言いたいわけではありません。この状況は仕方ない部分もあると思っています。それは私が未経験エンジニアだからです。

未経験のエンジニアが、いきなり重要な業務にジョインさせてもらえるわけありませんよね。むしろ邪魔になってしまう可能性もあるので、しょうがないと思います。

ではこのままやりたくないことをずっとやっているしかないのでしょうか…。

私が導き出した結論は、自分の作りたいポートフォリオを作り続けることしかないということです。そしてポートフォリオ作成でわからなかった部分を上司の人に確認してもらいましょう。

改めて確認しておきたいのは業務中は業務のことをやるしかありません。それは仕方ないことなので。業務時間外で、自分の作りたいものを作ります。そうやってコードを書いていくことです。

きっとこういったことを続けていかないと、技術力も下がっていってしまうと思います。こうやってやり続けることでしか、抜け出す道はないのではないかと思っています。

僕は無理せず淡々とやっていきます。では。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA