フィリピンの現地の医療保険「MediCard」の加入方法と補償について

あなた

フィリピンで手ごろに入れる現地の医療保険とかってあるのかな?

どうも!フィリピン、セブ島在住の日本人ですが、現地語で話しかけられることが日に日に増えてきた、しんじです。

今回フィリピンの現地の医療保険である「MediCard」に加入しました。値段は年間5万円程度、保証内容はそこまでよくありませんが、入っていればちょっと安心な医療保険です。

そこで「MediCard」の加入についてと、内容の詳細について、わかっている範囲でまとめておきたいと思います。

フィリピン在住者あるあるなのが、クレジットカードの付帯保険が切れて無保険の状態で生活するってことだと思います。私もそうでした。

会社に勤めているなら、会社で保険に入れる場合もあると思いますが、私はフリーランスなのでそういったものは使えません。

まあ病気になったらなったでなんとかするかー、ぐらいに思っていました。

しかしある日、大変な高熱がでました。かなり激しい頭痛と、発熱、下痢などで、もう体がへとへと。朝になると体温が下がりますが、夜になるとまた体温が上がって発熱するということを4日間繰り返しました。

これは本当にやばいと思ったんですが、結局医療保険に入っていなかったために、病院に行くのをやめてしまいました。

こういった経験があったので、何かしら医療保険には入りたいと思うようになりました。しかしどれに入ったらいいか決めあぐねていました。

そんな時、妻の友人で、セブ島に在住している夫婦が、「MediCard」に加入していることを教えてもらいました。それで「MediCard」に加入しようと思いました。

フィリピンの医療保険「MediCard」の加入方法

「MediCard」に加入するには、insurance110というところに連絡をとれば、手続きをしてもらうことができます。サイトのホームページのお問い合わせから、「MediCard」への加入について問い合わせてみてください。

参考 insurance110ホームページinsurance110

フィリピンの医療保険加入のステップ

  1. 所定の申込用紙が郵送、もしくはメールにて送られる。
  2. 必要事項を記入。パスポートコピーの添付が必要。
  3. 保険料をフィリピンの銀行から振り込み、書類を所定の場所へ郵送。
  4. 手続きのため加入までは2~4週間ほどかかる。
  5. 郵送にて「MediCard」が自宅へ送られてくる。
MEMO

私の場合は、「MediCard」を送ってもらうところ以外は、すべてメールにてやり取りさせてもらいました。書類もパソコンに取り込んで、それらを加工し、文字を入力して送るという感じです。

こちらの郵便事情はわるくて郵送がしっかりされるかどうか不安だったからです。あとはメールでのやりとりなら記入漏れのミスがあっても、すぐに対応できるというところもありました。

フィリピンの医療保険「MediCard」の加入に必要な情報

送られてきた申込用紙です。必要事項を記入して、郵送の場合は送り返します。送り返す宛先などは、先方から連絡があります。ちなみにパスポートのコピーも必要です。

フィリピンの医療保険「MediCard」の内容

「MediCard」の医療保険の内容についてです。送られてきたプランの価格表と補償内容についての資料を添付しておきます。

「MediCard」のプランの価格表

「MediCard」の補償内容

 

フィリピンの現地の保険の特徴

今回この「MediCard」の加入に当たって、保険担当の方といろいろやり取りさせていただきましたが、気になった言葉があったので、引用しようと思います。

頂きました情報を基に、現地の医療保険をご紹介させて頂ける様に準備をさせていただきたいと思いますが、日本での海外旅行傷害保険のご購入の方は検討されておりますでしょうか?

私の経験でお話させていただきますと、やはり、日本人の多くの方が、現地医療保険についてはストレスを感じております。

現地医療保険では、基本的には外来受診時の処方薬は全て実費負担となります。又、殆どの日本人の方が、「万が一の時はやはり、日本に戻って治療を受けるので。」とおっしゃいます。

しかし、その際に自力で帰国できれば問題ありませんが、日本の海外旅行傷害保険の様に緊急搬送費用などは付帯されておりませんし、フィリピンで加入した場合は緊急搬送先は原則、フィリピンと言う事になってしまいます。

浅井さんのご年齢ならば、フィリピンの医療保険では、特約によって差は有りますが年間で15,000ペソ~21,000ペソ程度の保険料のプランに加入されるお客様が多い様に感じます。

確かに、日本の海外旅行傷害保険に比べれば、料金は安いのですが、補償内容も100,000ペソ~200,000ペソの補償総額です。

今回、弊社お取り扱いの保険会社の中で、日本人の方のご加入が多い「MediCard」という保険会社のプランの価格表と補償内容を添付させていただきます。一度、ご確認いただきまして、ご検討下さい。ご不明な点がありましたら、いつでもご連絡をお待ちしております。

フィリピンの医療保険の保険料は非常に安いです。年間でも5万円程度。ですが安いだけあって日本の海外旅行保険と比べたら、補償内容はよくありません。

まとめ

ということで、MediCardの加入や内容について、まとめました。そうですね。結論から言うと、ないよりはあった方がいいかなとやはり思います。

ただ補償内容は期待できないです。さらに病院でいちど保険を使おうとしたことがありますが、手続きがものすごいめんどくさいです。しかもすごく時間もかかります。

また行った病院によっては「MediCard」が使えない病院もあります。病院にいって「MediCard」が使えるか使えないか確認が必要です。もしくはMediCardの担当者の人に確認しても、使えるかわかると思います。

いろいろ不便なことはありますが、やはり健康第一です。保険がなくて病院に行かないということはないようにしたいと思います。