PDCAサイクルを検証して改善するコツ

 

PDCAサイクルを検証して改善するコツ

結論

計画時にKPI、KDIをきちんと測定できるようにしておく。うまくいかなかったこと、うまくいったことを書き出す。

その上で、次回のサイクルでどうすればうまく回るかを考えて、解決策とし、タスク化までする。

検証改善にはKPI、KDIが必須

検証改善にはKPI、KDIが必須です。なぜならこれがないと目標に対して未達なのか、そうでないのかがわからないからです。もしくは目標が定性的な場合には、チェックシートが必要です。

このKPIやKDIを設定するのは計画段階であり、さらにKPIやKDIを実行しているかどうかを記録するのはDoのポジションになるので、結局Plan Doが明確になっていないと、検証作業は行えません。

どれだけ計画が大切かと言うことがよくわかりますね。

ちなみに最近PDCAを回しすぎてしまって、それぞれのPDCAに対しての検証作業がいまいちうまく回っていません。ちょっと運用方法を考え直さないとなと思っています。PDCAって奥が深いですね。では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA