PDCAサイクルにおいてCheckを効果的に行うDoの記録方法

PDCAサイクルにおいてCheckを効果的に行うDoの記録方法

結論

結論から言うと、Doの行動を計測できるようにしておくことです。なぜならDoが定量的に計測できることで、その原因についてCheckを回しやすくなるためです。

ちなみに定性的なものであっても、点数などをつけることによって、数値化することができるので、Checkを行いやすくなります。

計画段階からDを測定できるようにしておく必要あり

なぜCが回らなくなるかというと、そのDoが測定できないパターンが多いです。これは計画段階から、測定できるレベルでのタスク化が行えていないと言うのが原因です。

Planの段階できちんと定量的なタスクにまで分解しておくことによって測定できるようになり、結果としてCheckも回しやすくなります。

Checkの回す頻度は3日、もしくは1週間と自分の都合の良いタイミングでいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA