戦略的ノート術を読んで

どうも、今回は戦略的ノート術を読んでやってみようと思ったことについて、まとめておきたいと思います。

戦略的ノート術を読んで

やってみようと思ったこと

  • ビジュアルをもっと取り入れる
  • ノートをとりながら質問する
  • ノートはどんどん追記修正する

まずはノートを取るときに、もっとビジュアルイメージを取り入れると言うことですかね。

そうですね、イメージしているのは、ひとつの段落というか、ひとつの内容に対してビジュアルイメージをつけるような感じでスタートさせていきたいなと思っています。

あとはノートをとりながら質問すると言うところです。ここは自分でもできているのかできていないのか判定しづらい部分ではあります。

ノートを取る際の質問については、いくつかパターンがあるようだったので、それをいくつか試したいと思います。そして、自分に合っているものを見つけていきたいと思います。

本に書いてあった例をあげておきます。

  • 講義が始まる前に、自分は今日の講義内容について何を知っているのか?を明確にする。
  • 講義の最中に、今自分は何を学んでいるのかを明確にする。
  • 講義後に自分は何を学んだのかを明確にする。

ノートは追記修正すると言う部分についてですが、前日に書いたノートの状態を確認して、追記修正を行うと言う形でやっていきたいと思います。今までも復習はしていたのですが、追記修正した方がより効率的な復習になりそうな気がしています。

あとは1週間の振り返り、1ヶ月の振り返りの際にも同じようにノートの追記、修正をしていきたいと思います。以上です。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA