NLHE Pokerに必要なオプション機能の検討

ノーリミットテキサスホールデムポーカー(NLHE)に必要なオプション機能の検討をしていきます。

システム上の必要なオプション機能

サポート一覧

サポートへの連絡・問い合わせ

バグレポート提出

よくある質問(要検討)

一般設定

言語選択

サポートへの連絡・問い合わせ

サポートへの連絡ですが、多言語に対応する必要が出てきます。多言語対応については今後の課題と言えそうです。

バグレポート提出

またバクレポート提出に関しては、積極的にバグレポートを提出してもらえる仕組みを作る必要があります。バクレポートの提出で、システムの改善があった場合にはゲーム内で報奨を与えるなどです。

MEMO
コメント欄や意見箱のようなものを設置して、ゲームに対しての要望をユーザーが書き出せるような場所も設置したいです。

ゲーム対戦中に必要なオプション機能

ゲーム中のオプション機能一覧

 

サウンドのON、OFF

自動コール(要検討)

自動フォールド(要検討)

ベットがあったらフォールドのチェックボックス(要検討)

ベットスライダーのショートカット表示、非表示(要検討)

手札を自動でマックする(要検討)

離席(要検討)

ロビー(要検討)

退席(要検討)

ゲーム中のオプション機能は、なるべくシンプルにしたいと考えています。理由は「実際のゲームと同じ状況」に近づけたいからです。

自動コール、自動フォールド

自動コール、自動フォールドは便利なボタンですが、オプション機能から外すことも考えています。理由はリアルなゲーム性とは異なる要素だからです。

自動コール、自動フォールドによって操作がはやくなる効果があるなら、採用する価値があるかとは思います。

ベットスライダーのショートカット

ベットスライダーのショートカットも便利なボタンのひとつですが、シンプルさや、リアルゲームと同じ状況を求めるなら必要ないかと思います。

いちプレイヤーとしてしては、スライダーを毎回動かすことぐらいできますし、実際のリアルゲームでも毎回ベットするためにチップを出すのでショートカットボタンがなくても問題ないと判断しています。

手札の自動マック

手札のマックについてですが、戦略的に手札をオープンできるようにしたいと考えています。ショウダウン後や、ブラフ後に相手をティルトさせるために手札をオープンするような場合に対応できるようにします。

ただし手札のオープンによってゲーム進行に遅延などの支障が出ないようにする必要があります。

離席

リアルゲームでも離席することは可能ですが、今回のゲームシステムでは必要ないかもしれません。今回のゲームの目的はゲームに集中して取り組んでもらうことです。よって簡単にゲームを離脱できるシステムは必要ない可能性があります。

まとめ

ゲームに必要なオプション機能について検討しました。要検討ばかりになってしまいましたね。基本的には「本当に必要な機能以外つけない」のスタンスで進めていきたいと思っています。