マイホームヒーロー第1部を読んで

マイホームヒーローという漫画を読みました。

AmazonでKindle本を探していたときに、たまたま一巻の表紙が目にとまりました。

表紙が「映画ショーシャンクの空に」のパロディっぽく描かれていて、「これは面白そう」と思って読み始めました。

結論、買ってよかったです。

今回はマイホームヒーローの第1部までの感想をまとめておきたいと思います。

マイホームヒーロー第1部を読んで

読んでいるこっちがドキドキする

ネタバレは控えたいと思いますが、読んでいるこっちが常にドキドキするような展開です。

主人公は殺人を犯してしまうのですが、それがバレそうになる展開がずっと続きます。でも寸前のところでかわしていくというのが、ハラハラします。

一気に読み切ってしまえる内容でした。

家族の優しさを感じる

私も家族を持つようになったのでわかる部分もあるのですが、家族が優しいですね。

家族の優しさがすれ違ってしまうところとかも、本当あるあるだなって思いました。

家族を巻き込んではいけないと思いますが、でも愛してくれる妻の優しさを感じました。

頭脳戦が面白い

あとは頭脳戦がすごいです。ヤクザと鳥栖さんの緻密な頭脳戦が、手に汗握る展開で、面白かったです。

結果だけ見ると鳥栖さんは色々やらかしてしまっていますねw

複雑に絡み合う思惑が、最後見事に着地したのではないかと個人的には思いました。

ちなみにですが、殺人の偽装工作が、かなり手がこんでいますね。。。怖い。。。

 

というわけで機会があれば、ぜひ読んでみてください!面白かったですよ!

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA