東京・入谷駅の煮干しラーメンのお店「麺処 晴」

今日はお昼に美味しいラーメンを食べたくなったんで、入谷駅とか鶯谷駅周辺でおいしいラーメン屋さんを探していました。「煮干し」を使ったラーメンが食べられるということだったので、「麺処 晴」さんにお邪魔しました。その時のことを書こうと思います。

麺処「晴」について

お店の見た目

普通に歩いているだけではもしかしたら、みのがしてしまうかもしれません。結構こじんまりとしていて、ぼくはなんどかお店の前を通り過ぎてしまいました。

お店の内部

お店は大きくはありません。席が全部で8席あって、キッチンを囲むように席が配置されています。

ちなみに待っている人も結構いることが多いので、待っている人の待ち方とかもあります。

ラーメンについて

中華そば

  • 煮干しのすごい匂いがラーメンを食べると感じられる。
  • メンマが普通のお店で食べるようなものじゃない。なんか長いし、本格的。
  • チャーシューもさっぱりした味で、美味しく食べられる。

和え玉と替え玉

  • 和え玉は醤油味と塩味があって、なんか小さいラーメンみたいな感じのものをくれます。ひとつ200円です。
  • 替え玉はホントに麺の替えです。麺のみです。ひとつ100円です。
  • みんな和え玉をたのんでいたような印象を受けました。替え玉よりも。

店内の様子

私が訪れたときは平日の昼間で11:30くらいでした。その時でもすでに店内の8席の椅子はすべて埋まっていて満席。私がラーメンを食べ始めたころには、店内には20人くらいのひとが列を作って待っていました。

お客さんよりも、お店がしっかりと主導権をもっていると感じました。例えば「段ボールの上に手を置かないでください」とか、「もっとつめて並んでください」とか。ちょっとぺちゃくちゃしゃべりづらい感じでした。

男の人だけじゃなく、女の人もたくさんお店に入っていました。ビジネスマンの人もいれば、女の人一人で食べに来ている人もいましたし、夫婦で来ている人もいました。

店での印象的な出来事

この麺処晴では、ラーメンを食べる前に食券をかってラーメンの代金を払うスタイルなんですね。

で、私にはラーメンの量が少なかったので、追加で替え玉をたのむことにしました。ただこの時に疑問だったのが、替え玉の代金をどうしたらいいのかなということでした。ラーメンを食べていたんで、替え玉分の食券を買いに行くわけにもいかないしなーと思っていました。

そこでラーメンを食べ終わってから、「替え玉の料金ってどうしたらいいですか?」と店員さんに聞いたんですよね。そしたら店内がざわざわしはじめました。

なんでかなと、思っていたら、どうやらお店の方で、お客さんが最初に食券で替え玉を買ってあるかどうか確認しておかなくてはいけなかったみたいです。

MEMO
もしかしたらお客さんが途中で替え玉などを注文したら、替え玉の食券をかってきてあげる必要があったのかな。

しかしそれを店員さんが忘れてしまっていたため、無銭飲食になりかねない状況になってしまったのでした。

結局お店の中で、そのミスしてしまった店員さんが店長さんから怒られてしまいました。20人くらいお店にいるんですけどね笑。結局店の雰囲気はすごく悲しい雰囲気になりました。こういったミスがないようにしないといけませんね。

まとめ

ラーメンについてですが、これはめっちゃくちゃおいしかったです。初めて食べました。こんなに煮干しがきいているラーメン。しかもメンマとかチャーシューとかもこだわってるなというのが、わかりました。

ただお店の雰囲気はそんなに好きではなかったです。なんか食べにくい雰囲気というんでしょうか。そんな感じでした。ただ、もしこの鶯谷とか入谷とかにくるなら一度食べてみることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください