名古屋駅前の激安ホステル「ホステルわさび」に泊まった件

おはよーございます!今回日本に帰国している中で、たくさんのゲストハウスやホステルにお世話になっております。

というわけで、名古屋駅前にある激安ホステルの「ホステルわさび」に行ってきましたので、そのことについてまとめておきたいと思います。

ホステルわさびに泊まってみた!

場所

場所は名古屋駅の新幹線の改札がある「太閤口」から徒歩5分です!名古屋駅から近い!

ちなみに周りに「ローソン」、「すき家」、「宮本むなし」などがあって、ご飯にも困りません。これだけ駅から近いというだけでも、旅人にとってはありがたいホステルですね。

外にはテラスのようなスペースがあって、たばこを吸うこともできます。喫煙スペースになってます。

ロビー

そうですね、広い方なんじゃないかと思います。椅子もたくさん置いてあります。ただ椅子の配置はちょっと微妙かもしれません。

ちょっと入り組んでる構造をしてるので、しょうがないんですけどね。机に結局あんまり人が座れなくなっちゃうっていう感じですかね。

時期的にちょうどハロウィンだったので、ハロウィン仕様になってました。あとロビーには、ネイルとかのお試しセットが置いてありました。

MEMO
電源ありの机がいくつかあるのでそこでならパソコンの長時間作業もできます。ちなみに私はそこで作業しながらこのブログを書いてます。

部屋について

ばちこりドミトリー形式となっています。男女混合の一番安いお部屋に泊まったんですけど、2段ベッドで、そのベットが隣同士にくっついておかれています。

隣の人とはカーテン1枚か2枚で仕切られている感じです。だから隣で寝返りを打つ音や、布団がこすれる音とかも聞こえます。

だから、いびきとか、歯ぎしりとかすごい人がいるとヤバそうなかんじです。

MEMO
貴重品を入れるロッカーのカギが欲しい場合は、鍵をフロントでもらうことになります。そのとき1000円の保証金が必要です。

ちなみにぼくが泊まった

洗面

全体的にお掃除されていてきれいな感じです。加えてお化粧台っていうんですかね。温泉とかにあるドライヤーとかが置いてあって、鏡がある場所があります。ホステルでは珍しいです。

そういえば女性のお客さんが多いなと感じたんですけど、確かに女性からしたら化粧とかするのに便利な空間になっていると思います。男性でもゆっくりヘアセットしたりできそうな感じです。

MEMO
あとは歯ブラシは1階の受付でもらうことができます。チェックインの時に、説明してくれなかったので、その都度受付にどうしたらいいかを聞くといいと思います。

トイレ

あのねぇ、やっぱり海外のトイレとかは汚いんですよね。ホステルのトイレって結構汚いです。でもこのホステルわさびのトイレはきれいでした。たぶん一日になんどかトイレ掃除しているんだと思います。

シャワー

ぼくはシャワーの水圧が強いのが好きなんですけど、ここのは強すぎるってくらい強いです!だから最大までの水圧ではなくて、弱くして使ってました。

シャンプーと、ボディーソープ、あとは泡洗顔的なものが置いてあります。

あとは脱衣所もしっかりついてます。

注意
ただしタオルが有料での貸し出しになってます。なのでタオルは持ってきた方がいいと思います。フェイスタオルを借りるのにも150円くらいかかるので。

漫画

あとは結構、漫画が置いてあります。1回のロビーには英語の漫画が置いてあります。ぼくは2階のドミトリーに泊まったんですけど、そこにもこち亀とか普通に日本語のマンガが置いてあって、暇つぶしできます。

MEMO
ちなみにこのホステルわさびにはデイユースとかもあります。例えば名古屋駅で18時に集合とかだったら、18時までの暇つぶしに、ホステルワサビでゆっくりするとかいう使い方もできそうです。

飲み物・食べ物

飲み物とか食べ物が置いてあります。無料で紅茶とお茶とあとジュース的なものも置いてあります。加えてお酒とかも飲みたければ有料で飲めるという状況です。あとは簡単なカップ麺とかも買うことができます。

あとは共用で使える冷蔵庫もあるんで、冷蔵保存が必要なものがあっても大丈夫な感じです。

MEMO
まあ隣にローソンがあるんで、ちょっと出てローソンでほしいもの買ったらいいと思います。ただ水が無料なので、水筒とか持ってると、重宝するとおもいます。

各種アメニティについて

レンタルで充電器とか、バスタオルとか借りられます。あとは旅人にとってはランドリーが大事ですよね。洗濯もできます。あとはコンタクトの保存液とか、結構かゆいところにも手が届いてる印象です。

荷物の預かり

基本的には荷物の預かりについてはお金はかかりませんが、かかる場合もあるみたい。特にアゴダとかブッキングドットコム経由だった場合は、チェックアウト後にお金がかかります。

まとめ

女性が多いことからもわかるように、女性専用の場所の個室カプセルがあったり、化粧台のようなところがあったりするので、女性にとっても使いやすいホステルなんじゃないかと思います。

あとは外国人も多いです。バックパッカーのような人も結構いました。

ただロビーにおいてあるテーブルとか、2階のベッドの配置とかは、なかなかすごいものがあります。そのー、結構行き当たりばったりに敷き詰めた感じがハンパないです。

特に一番安い部屋だと、隣の人との仕切りが、カーテンしかないので、いびきとか嫌な人は、個室をお願いした方がいいと思います。もしくは耳栓とか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください