【マスオさん生活半年の新米パパ】妻の実家暮らしの良い点・悪い点

どうも、マスオさん生活をはじめて約半年になるものです。

以前はフィリピンに2年ほど住んでいたのですが、日本に帰国したタイミングで妻の実家に住みはじめました。家族構成は義父・義母・妻・私(マスオさん)・生まれて1ヶ月の長男です。

お義父さん、お義母さんはまだまだ現役でバリバリ仕事をしています。私と妻は仕事をしておらず、日中は家にいて子育てしているという状態です。

この記事を書いた理由は、これからマスオさんとして生活する予定のあなた、もしくはすでにマスオさんとして生活しているあなたに向けて、私のマスオさん生活を通して感じたキツさを、どうやって解消してきているかを共有したかったからです。

なのでこの記事は以下の人に読んでもらいたいと思って書いています。

  • これからマスオさん生活を始めようとしている人
  • すでにマスオさん生活をはじめていてキツさを感じている人
  • どうやったらマスオさん生活を心穏やかに過ごせるかわからない人

そしてこの記事を読むと以下のことがわかります。

  • マスオさん生活の精神的なキツさ
  • キツさを補って余りあるマスオさん生活のメリット
  • マスオさん生活を快適に過ごすための心の持ち方

もしマスオさんとして生活していて、正直キツいな…と思っているあなたは記事を読んでもらって、少しでも心が楽になってくれたら幸いです。

【マスオさん生活半年の新米パパ】妻の実家暮らしの良い点・悪い点

辛いことはたくさんある、覚悟した方がいい

まず声を大にして伝えておきたいことがあります。それはマスオさん生活には精神的にきついことがたくさん待っているということです。これからマスオさんとして生活を開始しようとしているあなたは覚悟してください。

またすでにマスオさん生活しているあなたは、以下のような内容でこれから精神的にきつくなっているのではないかと思います。

義父・義母との気の使い合い・心は休まらない

まずマスオさんになると精神的にきつくなることが増えてきます。理由はマスオさんは四六時中、義父・義母に気を使うことになるからです。これは最初は大丈夫でも、毎日続くとかなりきつくなってきます。

またマスオさんであるあなた自身も、義父・義母側からも気を遣われているのがビンビン伝わってきます。なので気の使い合い合戦に苦しくなる時が出てくるはずです。

MEMO
ちなみにちょっとイメージしてみて欲しいのですが、明日から一泊二日で妻の実家に泊まりに行くことになったとします。結構気をつかいませんか?またハードルが高く感じませんか?

もしすんなり妻の実家に泊まりにいけるというのなら、おそらくあなたはマスオさんに向いていると思います。しかし私のようにちょっと尻込みしてしまう人も多いと思います。

あなたがマスオさんになるというのは、その気遣いのキツさがずっと続くということです。

MEMO
ちなみに妻の実家で完全に羽を伸ばすというのはなかなか難しい部分があります。なのでマスオさんであるあなたは、なかなかリラックスすることができないことになります。

これもマスオさん生活が精神的に辛くなってくる理由として大きいと思います。

義父・義母にお世話になっている分、自分の意見を強く主張できない

ただでさえ年上の義父・義母に対してマスオさんが自分の意見をいうことは難しいですよね。自分の言いたいことが言えないという環境が精神的にキツくなってくる原因の1つだと感じています。

当たり前ですがマスオさんであるあなたは、妻の実家に住むことになるので様々な面で義父・義母にお世話になって生活することになりますよね。

そうすると余計に自分の意見を強く主張しにくくなってしまいます。

MEMO
「お世話になってるし、文句言えないよなー」とか、「おれが少し我慢すればいいか」とかってあなたが自分自身を押さえつけてしまうんですよね。これを繰り返していると精神的に参ってきてしまいます。
MEMO
ちなみに私の場合は、自分の意見をお義父さん、お義母さんに言えない状態が長く続いたため、妻に愚痴をいったり、当たってしまい妻を傷つけてしまいました。

妻も夫と両親との板挟みにあって、妻も精神的にきつくなるという悪循環が発生してしまうこともあるかと思います。

義父・義母の言葉のひとつひとつが気になってしまう

何気ない義父・義母とのやりとりで無駄に傷ついてしまったり、考えすぎてしまったりすることがキツいです。

例えば義父と車に一緒に乗っているときに、突然義父が「この車があってよかったねー」と言われることがありました。多分本当にそう思っていっているのかもしれません。

ですが義父からしたら私に車を使わせてあげていることになるので、感謝しなさいという意味で使ったのではないかなと思ったりしました。私はただ「ありがとうございます」ということしかできませんでした。

そういった些細な言葉の1つ1つが気になって…。最初のうちは我慢できるのですが、この些細なすれ違いが長く続くことになるので私は結構辛くなってしまいました。

それでも妻の実家はいいことが多い

先ほどまでマスオさんになる事によるキツさを列挙してきました。ですがマスオさん生活を送るあなたには、それを補って余りあるメリットがあるのは事実です。たくさんあるのですが、個人的に大きいものを3つまとめておきたいと思います。

やっぱり大きい子育てのサポート

実家に住むことの一番大きなメリットは、子育てにお義母さんが参加してくれることですね。

私の場合、先月子どもが生まれたばかりで手のかかる時期です。ですがお義母さんがご飯を作ってくれたり、ミルクをあげてくれたり、あやしてくれたりしてかなり助けてくれています。

もし妻と私の2人だけで育児していたらと思うと大変だっただろうなと思うことがよーくあります。そういう意味では近くに助けてくれる人がいる環境はありがたいですね。

ありがたすぎる経済的な面でのサポート

お義父さん、お義母さんによる経済的な面でのサポートはかなり大きなメリットですね。

例えば赤ちゃん関連のグッズを揃えるのも、結構なお金がかかりましたが、そのほとんどをお義父さん、お義母さんに工面していただきました。今は私も妻も仕事をしておらず収入がない状態ですので、これは本当にありがたかったです。

また普段の基本的な生活についても、ことあるごとに経済的にサポートしていただいているので、かなり助かっています。

妻の精神的な余裕を確保できる

個人的に大きなメリットだなと思うのは、妻が精神的な余裕を持って生活を送れるということです。

例えば産後は精神的に不安定になりがちであったり、動くのも大変なことが多いですよね。

私の妻もワンオペでやっていたらかなり育児が苦しくなると思いますが、私もお義母さんもすぐに妻の子育てのカバーに入れるような状態になっているので、そこは妻にとっていい環境だなと思います。

義父・義母と仲が悪くて普通

ここからはマスオさん生活を送る上で重要な心の持ち方についてまとめていきたいと思います。大切なポイントは「マスオさんであるあなたと、お義父さん、お義母さんと仲が悪いのは至って普通」だということです。

理由はお義父さん、お義母さんと私たちとでは、そもそも育ってきた時代も違えば、考え方も違うからです。さらにそれぞれのバックグラウンドも全く違うため、何の努力もせずに仲良くなれるはずがないからです。

きつくなるのは無理に仲良くなろうとするから

私の経験から言えることは、お義父さん、お義母さんと無理に仲良くなろうとすると精神的にきつくなってしまうということです。

理由はマスオさんであるあなたがお義父さん、お義母さんとどれだけ仲良くなろうと努力したとしても、仲良くなってくれるかどうかはお義父さん、お義母さん次第だからです。頑張ったから報われるというものではないということですね。

MEMO
もしあなたがお義父さん、お母さんと社会人時代の仲良しな友達のようになりたいと思っていたら、かなりの確率で精神的にきつくなってしまうと思います。

なぜならそんな関係にはなれないからです。理由は世代も違うし、親世代とは根本的な考え方も違うからです。

じゃあ何の会話も、コミュニケーションも取らずにいていいの?と思うかもしれませんが、個人的には最低限のコミュニケーションが取れればOKじゃないかと思います。

最低限のコミュニケーションが具体的にどの程度のコミュニケーションかというと、上司へのホウレンソウみたいなレベル感ですね。伝えなくてはいけないことは伝えて、相談しないといけないことは相談するというレベルです。

注意
念を押しておきたいのは、マスオさんであるあなたが、お義父さん、お義母さんと仲が悪いことは至って普通のことだということです。無理して仲良くなろうというのは、マスオさんであるあなたの精神がきつくなるだけです。

自分だけの空間を作ってもらう

マスオさんであるあなたの精神を保つための方法として、自分だけの空間を作ってもらうというのはいい方法だなと思います。

理由はマスオさんがきつくなってしまうのは、精神的な部分が大きいので、マスオさんであるあなたが精神的にリラックスできる場所を妻の実家に作ってもらうことで、ストレスをコントロールしやすくなるからです。

MEMO
私も今までは自分の居場所がなく常にリビングで作業をしていましたが、寝室に自分の作業できる場所を作ってからかなり精神的に楽になりました。自分1人で作業できるのもそうですし、お義父さん、お義母さんとも距離をとることができます。
MEMO
自分1人の場所を作るには妻の協力が必要になる場合がほとんどです。キツい場合は一度奥さんと相談してみてください。

妻の実家近くに住むのがベスト

最もマスオさん生活のメリットを教授できつつ、精神的なキツさも軽減できる方法は、妻の実家近くにアパートを借りて住むことだと私は思います。

理由はお義父さん、お義母さんと物理的に距離があることで、マスオさんであるあなたの精神がかなり楽なるからです。また妻の実家の近くに住んでいるので、何か緊急の際には助けてもらうことができます。

MEMO
結局マスオさんの精神が潰れてしまうというのが問題なだけであって、それを回避することができればマスオさん生活にはメリットだらけということですね。

まとめ

というわけで今回はマスオさん生活半年の私が、妻の実家に暮らすことの良い点と悪い点について簡単にまとめてみました。

マスオさん生活のメリットが非常に大きいですが、マスオさんであるあなたの精神がどれだけ持つかというのがポイントになってきます。

メリットの大きさと、精神的なキツさを天秤にかけたときに、どちらの方が重要かを考えてマスオさんになるかどうか判断してみてください。

MEMO
また本当にマスオさん生活をしようとしているあなたは、妻の実家に1ヶ月だけ住んでみるというお試し期間を設けてみてください。そうすることで実際に住んでみてどんなことが起こるのかを体験することができます。

その上で、マスオさん生活を選ぶことができるとベストかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA