自分の市場価値のはかるための9つの質問

どうも、しんじです。

突然ですが、転職を考える際に「自分の市場価値っていったいどれくらいなんだろう」と思ったことはありませんか?

自分にどれくらいの価値があるのか知ることで、転職の際に強みを把握できますし、客観的に自分の決断を判断することができます。

そこで今回は自分の市場価値をはかる9つの質問についてまとめておきたいと思います。

自分の市場価値のはかるための9つの質問

  1. 会社を変えても価値のあるスキルをどれだけ持っているか?
  2. そのスキルの賞味期限はいつまでか?
  3. 他の会社でも通用するレアな経験がどれだけあるか?その経験は世の中からどれだけ強いニーズがあるか?
  4. 社内に自分が会社を変えても喜んで力を貸してくれる人がどれだけ存在するか?その人たちは意思決定の力がどれだけあるか?
  5. 社外に自分のために喜んで力を貸してくれる人物かどれだけ存在するか?
  6. その人物たちは意思決定の力がどれだけあるか?
  7. 自分が所属してるマーケットの一人当たりの生産性はどれだけ高いか?
  8. 自分が所属しているマーケットに今後の成長生はあるか?
  9. 今後どれだけ自分の市場価値の成長が見込まれるか?

まず会社を変えても価値あるスキルを持っているかどうかです。これを持っていることで、転職の際に有利になりますし、貴重な人材になり得ます。

例えば英語です。TOEICのような英語の試験で高得点を持っているということは、それだけで何かに向かって努力できる人であることの証明になります。

またそのスキルの賞味期限を考えることも大切です。いつまでも期限があるものもありますが、そうでないものもあります。期限のあるものについては、期限を意識して行動することで、より貴重な人材としての地位を確立できます。

あとは伸びている業界に身をおいているということが大切です。伸びているということはそれだけで、価値があります。そしてそこに携わっていたというだけで、意味が出てきます。キャリアに箔が付くということですね。それを理解して行動することが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA