自分の市場価値が高まるように仕事を選ぶ

仕事探しをしているものです。さて今回は自分の市場価値が高まるように仕事を選ぶことの大切さについて調べたことがあったので、まとめておきたいと思います。

自分の市場価値が高まるように仕事を選ぶ

給与が高い成熟企業と給与は低いがマーケットバリューが高まる会社

給与が高い成熟企業と給与は低いが自分の市場価値が高まる会社ならどちらを選ぶのがいいかということです。結論から言うと給与は低くてもマーケットバリューが高まる会社です。

理由はマーケットバリューが高まれば自然と給料は高くなってくるからです。

例えば現状の給料が高くても時代の流れと逆行していたりする産業にいくと、自分の市場価値は上がりません。その結果、給料をもらいすぎと言う状態になります。そうすると、いざ仕事を転職しようと思っても自分に身についている力などがありませんので、当然転職もできないと言うことになります。

一方で、給料は低くても自分のマーケットバリューが高まる会社にいくと、その時期は給料が低いかもしれませんが、転職先では自分のマーケットバリューにあった給料を得ることができるようになります。

つまり会社選びは、自分のマーケットバリューが高くなるように選ぶことが大切だと言うことです。

マーケットバリューが上がれば、働きやすくなる

自分のマーケットバリューが上がるとこで、さらに働きやすい環境を手に入れることができます。

なぜなら市場価値が高くなることでより良い待遇の企業にいくことができるようになるからです。逆に市場価値が低いままだと、誰でも代替可能な仕事しかすることができなくなってしまいます。

例えば一般的な事務作業などは誰でもできる仕事である場合が多いです。そういった仕事はたくさん代替できる人がいるため、賃金も安く、長時間働かされてしまいます。

逆に自分しかできないような専門職を持っている場合は、待遇も変わってきます。

つまり自分のマーケットバリューが上がるように行動することが大切だと言うことですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA