自分の市場価値(マーケットバリュー)の高め方

どうも、しんじです。

今回は自分の市場価値の高め方について簡単にまとめておきたいと思います。結論から言うと「業界の生産性の高い場所へ行こう」と言うことです。

自分の市場価値(マーケットバリュー)の高め方

20代は専門性、30代は経験、40代は人的資産で

まず自分の市場価値を高めるために重要なことは20代で専門性、30代で経験、40代で人脈を重要視することです。

なぜこの順番かと言うと、専門性が高くないと重要な仕事を任せてもらえなくなります。要するに良い仕事を得ることができないと言うことです。

逆に言うと専門性が高くなっていれば、いい仕事を受けることができるようになります。つまり良い経験をすることができると言うことです。

そして30代でたくさん良い経験をすることによって、良い人脈も作られていきます。この人脈がなぜ大切かと言うことですが、簡単に言うと「貸し借りで動く人が多いから」です。

例えば「あの人にはよくしてもらったらか手伝ってあげよう」とか「この人は嫌な人だったから離れていよう」とかです。要するに貸し借りで動いているんですね。

つまり経験を多くする中で人脈ができ、そこで経験を共にするからこそ、人脈ができてと言うことがおきます。これが専門性、経験、人的資産と言う順番で市場価値を高めていく理由です。

市場価値に最も影響を与えるのは「業界の生産性」

ただし、注意しておきたいことがあります。それは自分の市場価値に最も影響を与えるのは「業界の生産性」です。

ちなみに業界の生産性は市場によって20倍も違うのが普通です。

要するに「今伸びている業界」「これから伸びる業界」に身を置いていること。これこそが最も重要なことだと言うことです。

逆に「今落ちている業界」「これから衰退していく業界」にいることは、自分の市場価値にほとんど影響を与えてくれません。

なので今、何か特別な資格や技術を持っていない人、また人脈もないと言うことなら「生産性が高い業界」か「今後伸びるだろう業界」を選ぶことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA