中国成都にある三国志で有名な劉備のお墓「武候祠」

三国志の知識はプレイステーション初期の三国無双で仕入れました・・・どうもしんじです!今日は成都に帰ってきました。成都三国志劉備玄徳さんのお墓があります。そこへ行ってきました。

劉備のお墓の場所

ではまず場所ですけれども、成都こちらになります。

武候祠というところになります。ちなみに地図上の恵陵というのが劉備のお墓です。

劉備のお墓への移動

早速移動していきましょう。僕たちのホステルから、成都のバスで、25分くらいです。成都のバスは、2元をコインでもお札でもはじめに入れておけば、市内なら?どこまででも行けてしまうので、すんごい便利です。

どうやら武候祠のまわりは、商店街のようになっていて、人がわんさかいるようです。どっちかっていうと僕たちの泊まっていたユースホステルの方が、郊外でした。

商店街を見て回っていると、「劉備のお墓」って、日本語で案内が書いてあります。日本人の観光客が多いんでしょうね。ちなみに劉備のお墓は入場料がかかります。

60元でした。夕方には閉まってしまうかと思いますので、できれば早い時間に行くことをお勧めします。

武候祠の中を散策

園内に入っていくと、こりゃまたなんですか。三国志の蜀にまつわる武将の人形というんでしょうか。たくさん飾ってあります。

劉備さんの人形ですが、なんか柔らかい顔をしていました。

これが関羽

f:id:shinjia305:20170605213629j:plain

張飛もいましたが、なんかどっかの皇帝のような恰好してます。

劉備のお墓「恵陵」

恵陵というところが劉備のお墓です。入ったところにはこんな感じで、額縁が飾ってあります。

f:id:shinjia305:20170605213929j:plain

お墓ということだったんですが、日本でいうお墓と違って、丘みたいになってます。これがお墓と言われなければ、まったくお墓とは気づけません。

f:id:shinjia305:20170605215653j:plain

f:id:shinjia305:20170605215923j:plain

f:id:shinjia305:20170605220006j:plain

なんかほんとにここに、三国志の本でしか読んだことのない劉備玄徳はんがいると思うと本当にドキドキしました。行けてよかったです。ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください