釜山の甘川文化村への行き方と「T moneyカード」

こんばんは!友美ですー!今回は釜山で有名な甘川文化村というところに行ってきました。韓国の交通カード「T money」も使ってみました!

「T money」カードを買ってみた

韓国では、地下鉄やバスに乗るとき、みんな「T money」というものを使っています。日本でいう、Suicaやマナカといって、電子マネーですね。

地下鉄駅舎でももちろん買えますし、近くのコンビニなどでも買えちゃいます!(韓国では7イレブンもたくさんあるので安心!)

f:id:shinjia305:20170413201325j:plain

ちなみに、私たちが買ったものはこんなやつ。4000KRWなり。このように、LINEのキャラクターや、韓国のアイドルなど、様々な柄のものがありました!(柄によって、値段が違うらしい!)

買った時、カードの中にはお金が全く入っていない、と言われたので、とりあえず10000KRWをチャージ。

MEMO
釜山だけでなく、ソウルなど、韓国内ならどこでも使えるらしいので、とっても便利!!さあ!これでどこでもいけるぜ~~♪

甘皮文化村へのバスでの行き方

ということで、本日私たちが目指したのは

甘川文化村/カムチョンドンムナマウル

釜山の「マチュピチュプロジェクト」で、観光地と化した村だそうです。いわゆる、町おこしの一環ですね。

行き方としては、地下鉄+バス、バス、タクシーがあるみたいです。私たちが泊まっている南浦の近くからバスが出ているみたいだったので、バスで行くことに。

南浦(ナンポ)から地下鉄で一駅、チャガルチからバスが出ています。地下鉄1号線、チャガルチ駅3番出口を出て、南浦と反対へ歩いていくと、すぐ大通りとぶつかります。

f:id:shinjia305:20170413203341p:plain

ココ!と書いてあるところのあたりに

f:id:shinjia305:20170413203636j:plain

こんなバス停があります!ちなみに、この大通りの真ん中あたりにもバス停がありますが、そっちではないのでご注意を。待つこと数分、すぐにバスが来ました!ラッキー!

f:id:shinjia305:20170413203829j:plain

マウリバス、というマイクロバス?のようなものです!大型のバスではないのでご注意を!

ネットで調べると、2-2、2が甘川文化村へいくバスと書いてあったので、このバスに乗り込みます。運賃は一律1000KRW。Tmoneyだと940KRWと、ちょっと安くなりました。

乗り込んで数秒…このバスの運転手…運転あらくね?まあ、スピード出るわ出るわ。座っていても揺れまくりました。

しばらく乗っていると、急激な坂を上り始めます。

MEMO
ちなみに私たちが乗ったバスは、バス停の案内(音声とか電光掲示とか)全くなく、乗客たちはみんな、雰囲気でストップボタンを押していました(笑)

甘川文化村は、韓国人にとっても有名らしく、かなりの人が降りるから、坂を上り始めたら、「あ、そろそろだな」と思って、大人数が降りる所で降りてください。(笑)

帰りは、降りたバス停の向かい側で、同じバスに乗って帰ります。

ちなみに、帰りのバスでは、音声でのアナウンスがありましたが、オール韓国語。全く分かりませんでした。(笑)

しかし、行き同様、なんとなく近づいてきたな、と感じたら、一番最初に乗ってきたバス停が見えたので、そこで降りた感じです。

甘川文化村へ到着

f:id:shinjia305:20170413204649j:plain

f:id:shinjia305:20170413204853j:plain

f:id:shinjia305:20170413205011j:plain

f:id:shinjia305:20170413205041j:plain

f:id:shinjia305:20170413205137j:plain

アートの村らしく、このようなアートが町のいたるところにありました。観光案内所で、スタンプラリーを兼ねた地図があったので、2000KRWで購入。

せっかくなので、スタンプラリーをしながら回りました。その後、いったん宿に戻り、洗濯物を取り込み、少し休憩。

国際市場も行ってきた

釜山最後の夜は、国際市場周辺で、食べ歩きをしました!

f:id:shinjia305:20170413205836j:plain

f:id:shinjia305:20170413205848j:plain

↑卵パン、と店員さんが言っていました。ピリ辛オーロラソースをつけて。(1000KRW)

f:id:shinjia305:20170413205935j:plain

↑左:甘酒(日本のものよりさっぱりしていてとってもおいしかった!しかも冷たい!)サービスでくれた!ラッキー!

右:ぜんざいの窯(1杯3000KRW)

f:id:shinjia305:20170413205858j:plain

↑ぶれちゃってますがwわらび餅のようなものがのっていて、おいしかった!

f:id:shinjia305:20170413210430j:plain

f:id:shinjia305:20170413205945j:plain

↑左:餃子(2000KRW) 真ん中:チヂミ(3000KRW) 右側にあるたれをかけて食べます。

どちらも美味!

f:id:shinjia305:20170413205957j:plain

最後はトッポギ!(3000KRW)見た目、めちゃめちゃ辛そうで、今まで食べるのをためらっていたんですよ…一応、食べてみるか…と、食べてみました。

最初、そこまで辛くなくって、甘辛な味付けでおいしいやん!!!

が、しかし、私たちは昨日から何度もこのトラップにはまっているんです…最初は「大丈夫かな?」「これくらいならいけそう!」と思って食べていると、半分を過ぎたくらいから、箸のスピードがどんどん落ちていきます…そう。

口の中で、辛さが蓄積されていき、ボディーブローのように体を苦しめるのです

(完全な独断と偏見です)最初の余裕は、もうこのころには微塵も見られません。おいしいんですよ?結果全部食べますよ?でもね、辛いんです

そりゃ韓国料理やからしょうがないやろwと思っているそこのあなた!!!

そうなんですよ。

その通り、しょうがないんですよ。それが嫌なら韓国行くなってね。でも来ちゃったんだもん。こんなにしんどい思いしても、食べ終わって1分くらいするとまた食べたくなるんですよね。Mなのかな。自分をいじめたくなるのかな。そんな不思議な力のある、韓国料理でした。

明日はバスに乗ってソウルへ!!

ってまだ韓国におるんかい!!!

2 Comments

shinjia305

ぴっぴさん
コメントありがとうございます!
そうなんです!物価上昇してるみたいです…
頑張ってブログ書きますね!(^^)!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください