実力を正確に把握するためのいくつかの方法

自分の実力と自分のイメージがあまりにかけ離れていると、実力以上のものに手を出して怪我をしやすくなってしまったり、人に迷惑をかけてしまったりして、正直いいことはない。

今回は自分の実力をより正しく把握する方法についていくつかまとめておきたいと思う。結論は「テストやチャレンジをして失敗しよう」ということだ。

自分のイメージと実力を近づける方法

テストを受けて失敗すること

まずおすすめしたいのは、自分の仕事や興味のある分野のテストを受けてみることだ。理由はテストを受けて失敗することで、自分がどの程度の実力か理解しやすいから。

例えばITの分野で仕事をしているとしよう。「IT技術者・テスト」のように検索すれば、たくさん関連するテストが出てくるので、それにトライしてみよう。当然はじめはうまくいかないはずだが、それが自分の実力だと理解しやすい。

こういったテストを繰り返すことで、自分の実力少しずつ正確に把握することができるようになるはずだ。

何かにチャレンジして失敗すること

続いて自分の興味のある分野で目標を設定してチャレンジしてみよう。精一杯目標に向かって頑張ることで、自分がどれくらいの力を持っているのかどうかがはっきりとわかる。

例えば私の場合は趣味の麻雀だ。天鳳で八段になることを目標に1ヶ月は頑張って見たが、やっぱり鳳凰卓にすら上がることができないことをまざまざと実感させられた。

こうやって本気でチャレンジして失敗することで、自分の実力を思い知ることができるはずだ。

性格分析する

色々な性格分析を行ってみよう。これによって、自分の知らなかった性格の本質を知ることができることもある。

例えば有名なところでいえばクリフトンストレングスだ。クリフトンストレングスを使うと強みを知ることができるだけでなく、弱みの部分も知ることができる。

ただしひとつだけではなく、いくつかの種類の性格分析を行ってみよう。なかなか自分の性格を知るのは難しいとわかるはずだ。だからこそ、いつでも情報をアップデートして、性格を知り続けようと努力することが大切だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。