いい転職エージェントを見極めるための5つの条件

どうも、転職を考えているものです。

さて転職をする人にはお馴染みの転職エージェントですが、たくさんあってどのエージェントがいいかのかわからないですよね。

そこで今回はいい転職エージェントを見極めるための5つの条件について簡単にまとめておきたいと思います。結論から言うと「本当にその人にとっていい会社を見極めようとしてくれているか度合いが大きいエージェント」がいいエージェントです。

いい転職エージェントを見極めるための5つの条件

以下にいい転職エージェントを見極めるための5つの条件についてまとめておきます。

  1. プラス面だけでなくマイナス面までフィードバックをくれる
  2. キャリアにどう影響するかという視点でアドバイスをくれる
  3. 相手企業に何かと交渉してくれる
  4. より良い求人案件の紹介に付き合ってくれる
  5. 企業の重役との面談を自由にセットできる力がある

プラス面だけでなくマイナス面までフィードバックをくれる

転職者に対していいことも言いますが、悪いところも指摘してくれるエージェントかどうかが1つ目のポイントです。理由は転職者を本当にいい会社に入れようとしてくれているからこそ、転職者の足りない部分を見ぬこうとしてくれているからです。

例えば就職面接の後に、このてのいいエージェントは、良かったポイントだけでなく、懸念ポイントもフィードバックしてくれます。

ただ注意した方がいいのはエージェントからマイナスポイントを言ってきてくれることは少ない場合が多いです。言いにくいですよね。

ですので自分から「どこか直した方がいいポイントはありますか?」などとエージェントに質問してみてください。きちんと回答してくれるエージェントは信頼できることが多いです。

キャリアにどう影響するかという視点でアドバイスをくれる

自分のキャリアにとって、この転職先がどう言う価値をもつかと言う視点でアドバイスをくれるエージェントは、いいエージェントが多いです。

理由は目の前の案件だけを考えているのではなく、本当にいい会社を紹介して転職者のキャリアをアップしようと考えてくれているからです。

例えば案件ベースで良さそうに見えても、キャリアを積む上ではそこまで重要でない仕事もあります。そう言った場合に、キャリアのことを考えて指摘してくれ、別の案件を提案してくれるエージェントは信頼できます。

相手企業に何かと交渉してくれる

エージェントが何かと先方の企業と交渉してくれるエージェントはおすすめできます。

例えば企業に年収の交渉をしてくれるようなエージェントもあります。ただし注意点があって、自分の中でどう言った条件で仕事を選びたいのかをはっきりさせて、伝えておく必要があります。

より良い求人案件の紹介に付き合ってくれる

「他にいい求人案件はないですか?」と言う質問に粘り強く付き合ってくれるエージェントはいいエージェントです。理由は、普通のエージェントはさっさと入社させたいだけなので、そこまで他の求人案件紹介に付き合ってくれません。

だからこそ粘り強く求人案件を紹介してくれる会社はいいエージェントです。

企業の重役との面談を自由にセットできる力がある

そして社長や役員のような意思決定者との面談を自由にセットできる力があるかどうかもポイントです。エージェントによっては、コネクションがなくて紹介できる企業が少ないものも多々あります。

この部分はエージェントによって力が違うので、いくつかのエージェントに登録することで見極める必要があります。

このような感じです。実際にエージェントに登録して体験してみないとわからないことも多いですが、以上のようなポイントを参考にエージェントを信頼していいかどうかを判断してみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA