【Rails】結局javascript_pac_tagってなに?

どうも、今回は結局のところjavascript_pac_tagって何なんだろうということで、調べた結果、ある結論に至りましたので、まとめておきます。

【Rails】結局javascript_pac_tagってなに?

結論

通信の回数を減らして、ページの表示やサーバーとのやりとりを高速化する仕組み

ちょっと詳しく

細かい仕組みは説明しませんが、要するにシステムの高速化の仕組みのひとつです。

高速化において重要なのは、いかにフロント側とサーバーとの通信する回数を少なくできるかというのがポイントになります。

例えばPC上で1から10までの足し算をするのと、サーバー上でrailsの機能を使って、1から10まで足し算をするのでは、かかる時間はだいぶ違います。

これは通信が発生すると、処理速度が遅くなってしまうからです。

この通信が何度も何度も発生すると、処理速度がどんどん遅くなっていってしまいます。

そこで活躍するのが、Javascript_pack_tagです。こいつがいい感じにjsファイルをまとめて通信してくれるので、処理の速度をなるべく落とさずにしてくれています。

詳しくは何をしているかというのは、調べてみてください。ということでした。では!

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA