家族で姫島で過ごす最後の日

今日は家族で姫島で過ごす最後の日です。

妻と息子が来てから、1年間いろいろなことがありました。

思い出がいろいろあるのですが、ちょっとまとめてみます。

  • 島暮らしは、最初慣れるまでが大変
    • 見知らぬ土地で誰も知り合いが少ない
    • そこ知れぬ孤独感
    • 何をするにも、人との関わりが必要
    • 地域の人とのつながりがモロに感じられる
  • だんだん島暮らしに慣れてきて、居心地が良くなってきました
    • 人がみんな優しい
    • 道を歩いているだけで、みんな挨拶しあう
    • お野菜とか、家に持ってきてくれる
    • 道を歩いているとお野菜がもらえる
  • 息子の体調不良などすぐみてくれた
    • 息子の体調がすぐれない時、診療所ですぐみてくれた
    • なんだかんだ言って、歯医者もあるし、眼科もくる
    • ご飯食べるところが、少ないけど、自分で作るようになる

確かに島の嫌なところもたくさんあったように思いますが、私は家族が来てくれて、たくさんのことを経験させてもらったなと思っています。

またどこかのタイミングで、家族みんなで来られたらなと思っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA