ハートレイルズさんの技術試験にコミットして気づいたこと

どうも、今回はハートレイルズさんの技術試験にコミットしてみて気づいたことについて簡単にまとめておきたいと思います。

ハートレイルズさんの技術試験にコミットして気づいたこと

実務未経験かつこの年齢でも技術試験を受けさせてくれるありがたさ

まず一番嬉しかったのは、実務未経験のこの僕にでも技術試験を受けさせてくれたありがたさです。そうですね、書類通過すらままならないことが多いので、これに対しては本当に感謝です。

やっぱりスキルのなさを痛感させられる

やっぱり自分自身でも感じてましたが、全面的なスキルの無さ、あとは一連の開発フローの知識の無さ、痛感させられました。

一番はGitですね。Gitの使い方がいきなりハードルでした。

GithubでのIssueやプルリクを使いこなせないといけませんが、そういったものもいきなりハードルでした。プルリクの出し方も難しかったです。粒度についてなんてほとんど考えたこともありませんでした。

あとはシンプルにRailsの知識ですね。作りたい挙動は理解できていてもそれを実際にプログラムに落とし込むことができません。その部分が弱かったですね。

悔しいの一言

シンプルに悔しいの一言です。これはハートレイルズさんに受かれなかったというのもそうですが、自分自身のスキルの低さを目の当たりにしての悔しさが大きいです。

これからも地道に勉強を続けていきたいと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA