職場の愚痴は言わない方がいい

どうも。

仕事をしているとどうしても嫌なこと、苦しいことってありますよね。

結論から言うと、職場の悪口を職場の人に言うのはNGです。

理由はいくつかあるのですが、結局悪口って自分に跳ね返ってくるので注意してください。

職場の愚痴は言わない方がいい

上司からすると仕事を任せたくない

まずあなたが上司の場合を考えてみてください。

普段から愚痴ばかり言っている人に仕事を任せたいと思いますね。

例えば、この仕事やって欲しいんだけど、どうかな?って聞いた時に、「いやー忙しいので無理です」とかって言われたら、任せたいと思いますかね?

おそらく任せたいと思わないと思います。

このような形で、マイナスの感情を出してくる部下は、上司からしても扱いにくくて、上司が嫌な気持ちになってしまいます。

仕事はチームプレイが基本です。

上司に気持ちよく動いてもらえる環境を作ることが大切です。

愚痴は必ず会社内で伝わる

私が新卒の時の話ですが、信頼できる人と思っていた方に、仕事の愚痴を言ってしまったんですね。

そうしたら次の日には、社内のみんな、もちろん私の直属の上司にもその内容が伝わっていました。

結果、当時の所長に呼び出されて、「なんかいっとったらしいなぁ」みたいな感じで、詰められました。

この時、思ったことは、辛いことがあった時に、会社の人に愚痴を言うのは危険だということです。

愚痴を言ってはいけないわけではなくて、会社内でそういった愚痴は言わない方がよいと言うことです。

愚痴はすぐに広まります。

当然、上司からしても部下に仕事が振りにくくなり、仕事がやりにくくなってしまうと言うことですね。

愚痴を言っているくらいなら褒める

完全に逆の発想ですが、愚痴を言っているくらいなら、褒めてあげてください。

人はいい面も悪い面もどちらも持っているのが普通です。

完全にいい人なんていません。

それを理解して行動できるかどうかが大切だと思います。

そうすることで、相手の欠点も受け入れて、よいところだけをみてあげられるんじゃないかなと思います。

 

会社での愚痴は、会社の人には言ってはいけません。

言うときは、やめるぐらいの覚悟がある時だけ、言うようにしてください。

以上です。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA