頼まれごとをド忘れしないための簡単なテクニック

どうも、仕事のミスがやたらと多いものです。

さて突然ですが、皆さんはちょっとした頼まれごとを忘れてしまうことってありませんか?

例えばいつでもいいからコピー取っといてねーとか、会議の後この棚を片付けといてーとか。別にとるに足らない些細なことなんだけど、忘れると信用問題に関わるようなことってありますよね。それを忘れてしまうということです。

実は私もかなり忘れやすいです。さっき頼まれたことであっても、ほんとあっという間に忘れていることがあります。もはや病気なんじゃないかと思っているくらいです。笑

しかしそんな私でも、ちょっとしたテクニックを使うだけでそういった物忘れが劇的に減らすことができました。

そこで今回は頼まれごとをド忘れしないための簡単なテクニックについてまとめておきたいと思います。結論は「頼まれごとが5分以内に終わることなら、その場ですぐやってしまう」ということです。

頼まれごとをド忘れしないための簡単なテクニック

5分以内に終わることはその場ですぐにやってしまう

頼まれごとをド忘れしないための簡単なテクニックは「頼まれごとが5分以内で終わることなら、その場ですぐやってしまう」ということです。理由は「頼まれてすぐやることで、忘れないうちに作業ができるから」です。

例えば「このメール、いつでもいいから返信しておいてねー」と上司から言われたとします。ここで気をつけないといけないのは「いつでもいいから」という言葉です。

言葉通り「いつでもいいんだ、じゃああとでやろーっと」なんて思っていると、私のように物忘れが激しい人間は、その他のことに取りかかった途端に忘れてしまいます。

なので上司から頼まれごとがあったタイミングですぐ取り掛かり作業を終わらせるようにしてください。これには物忘れしないというメリットだけでなく作業が素早く終わるというメリットもあります。

MEMO

ちなみに頼まれごとの内容にもよりますが、ほとんどの小さな頼まれごとはすぐに終わります。

例えば「この件だけど、〇〇さんに伝えておいてねー」と言われたとします。伝えようと思ってデスクをみると、今〇〇さんは外出中のようです。じゃああとで伝えよーと思って別の作業に取り掛かったら、ジエンドです。忘れます。

なのでここではメールで連絡する、もしくは〇〇さんのデスクの上にメモを残しておくなどすることで、作業を完了させることができます。

とにかく頼まれごとがあったタイミングで、即作業に取り掛かり完了まで持っていくというのが基本原則です。

その場ですぐできないものは後でやる

しかし頼まれごとの中には、すぐに取りかかれないものもありますよね。こういった作業は、どこかにメモして、後から取り掛かるようにします。

例えば「これいつでもいいから銀行で手続きしてきてねー」と上司から言われたとします。時間を見るとすでに銀行は営業を終了してしまっています。こんな場合、どうやってもすぐに作業に取り掛かることができません。

他のパターンとしては、プレゼン資料の準備をお願いされた場合などが考えられます。まずプレゼン資料を作り上げるのにも時間がかかりますし、調査するのにも相当な時間がかかります。なのでその場ですぐできるわけではありません。

こういった時間の必要な作業、あるいは作業を完了するのに時間的な制約がある作業は、後から適切なタイミングで作業するということです。

まとめ

というわけで今回は頼まれごとをド忘れしないようにするための簡単なテクニックについてまとめてみました。ポイントは「5分以内で終わる作業なら、頼まれたその場ですぐに作業を開始して、完了まで持っていく」ということです。

これをするだけで、何かし忘れるということが少なくなるはずなので、是非トライしてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA