【会話のコツ】相手・自分の感情にフォーカスすること

今回は人と会話するときのコツについて簡単にまとめておきます。結論は相手の感情、自分の感情にフォーカスすることがポイントです。

人との会話は感情にフォーカスして話をすること

相手の話の感情にフォーカスする

会話するときに相手の感情に関する発言があったら、それを受け止めるような会話の進め方をしていきます。

例えば友だちとケンカして悲しいということを話されたとしたら、友だちとケンカした部分にフォーカスするのではなく、悲しいという部分にフォーカスしてあげるということです。

そうすることで相手は話を聞いてもらえたと感じます。

自分の話も感情にフォーカスする

また自分から話しかける時も自分の感情を伝えるようにします。

例えば食事に誘ってもらった場合を考えてみます。普通に返すとすると、食事に誘ってくれてありがとうございます。ですが、感情にフォーカスすると食事に誘ってもらって、一緒に食べることができて、うれしかったです。となります。

こんなふうに自分からする話も感情にフォーカスして話すようにします。

結論:人は感情の生き物

感情にフォーカスすることで、人はとっても幸せな気分になります。どこまで行っても人は感情の生き物だということですね。

これからは人の話を聞く時も、自分の話をする時も少し感情の部分に注意して話してみるといいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA