Feature Toggleを使った開発についての考察

Feature Toggleを使った開発について

Feature Toggleを用いたRailsアプリの継続的なリリースと要注意事項と言う記事が公開されました。

ちょっと思ったことについて簡単に書いておきたいと思います。

小規模な開発であれば、そこまで必要なさそう

  • 結局小さな規模チームが2人・3人とかであれば、そこまで必要ないのかと
  • と言うのは、コードの量も多くならないので、使わずにやっていった方が、抜け漏れなどなくなりそうだなと
  • 実際、こんな開発したいなと言うことがあれば、コメントにて残しておけば良いのではと

大規模な開発であれば、使い方次第で重要になりそう

  • たくさんの人がいろいろな機能を開発している状態の時、役に立つことがありそうかと
  • それぞれにどんな機能を開発しようとしているかを、ドラフトの状態で作って行くことができるため、レビューしやすいかと
  • つまりプルリクでいうWIPみたいな状態を、作れるという感じのイメージかなと
  • 使い方次第では、全体の開発効率に影響しそう
  • ただ、これを使った運用方法をしっかり構築しておかないと、普通に開発しているのとあまり変わらなくなってしまいそう
    • Feature Toggleを使った開発の運用方法のメリットは、小さな単位でデプロイまでいけること。
    • その上で、ドラフト状態のコードを確認してもらえること。
    • 必要最低限の機能を作っておいて、本番環境でチェックしてもらうとかもできそう。OKなら、どんどん作ってくし、間違いなら、修正する

Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA