【仕事が速い人のタスク処理メソッド】思考整理するためのノート術

今回は仕事が速い人のタスク処理メソッドである「思考整理するためのノート術」の内容について簡単にまとめておきたいと思います。

結論は「ノートの使い方を工夫するだけで、仕事の速度は劇的に変化する!」ということです。

【仕事が速い人のタスク処理メソッド】思考整理するためのノート術

ノート1つで安心感が高まる

1日のスケジュールを確認するときに、本日やることを全て1冊のノートに書き出すというのが、仕事を早くするためのノート術です。

その日にやることの全てがやることノートにのっているという状態が理想です。

例えば付箋などを使って仕事を管理すると、色々なところにやるべきタスクが書かれていて、気が散って仕方がありません。ではなく、ノートにまとめておいて、ひと目で見える状態にしてあるだけで、安心感と達成感が飛躍的に高まります。

ここに書いてあることさえ行えば、今日やることは全て終わるんだという安心感。これが大切です。

今日やるべきことが1冊のノートに見える化されていれば、あとは淡々とそれをこなしていくのみ。やり漏れがないと確信するだけで大きな安心感を得られます。

プライベートを含めた全てを見える化すべし

やることノートを使うときの大切なポイントがあります。それは仕事だけではなく、プライベートも含めて全てのタスクを記入することです。

公共料金をコンビニで払う、荷物を受け取るといったことも全てやることノートに書くこと。仕事を含めたあらゆるタスクをノートに書くことで、忘れても大丈夫と思えるので、目の前の仕事に集中することができます。

仕事を始める朝、夜に書くことはもちろん、やるべきことを思い出すたびにその都度追加します。やり終えたタスクには赤丸をつけて任務完了。赤丸がどんどん増えていくのを見ると、仕事をやり遂げたという達成感も生まれます。

やることノートで仕事を細分化

厄介で面倒な仕事はやることノートになるべく細かく分けて書き出すようにしましょう。こうすることで細かく赤丸をつけていくことができ、これが達成感につながることで、仕事の速度を格段に上げることができます。

ちなみにできなかったものについて青丸をつけて、次は絶対赤丸にするぞという気合を入れて翌日のタスクに回します。そのリズムが仕事の速度を上げてくれます。

MEMO
やることノートの項目を消していく達成感が、仕事の速度を上げる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA