【仕事が速い人のタスク処理メソッド】人格を否定せず、行動を指摘せよ

今回は仕事が速い人のタスク処理メソッドである「人格を否定せず、行動を指摘せよ。」の内容について簡単にまとめておきたいと思います。

結論は「いい叱り方は、行動を指摘すること!人格は否定しない!」ということです。

【仕事が速い人のタスク処理メソッド】デスクの上には1つの仕事

何故新入社員は3年以内に辞めるのか

753現象という言葉を知っていますか?

753現象とは、「中卒新入社員の7割、高卒新入社員の5割、大卒新入社員の3割が入社3年以内に会社を辞めてしまう」という現象のことです。

その原因は今も昔も変わりません。職場の人間関係です。

確かに学生の時は同年代の仲間ばかりでしたが、いきなり年齢や価値観の違う人たちと過ごすことになるので、楽しいはずがありません。会社を辞めてしまう理由もわかる気がします。

行動をしかれば、部下は成長する

この先、人間関係で会社を辞めたいと思ったら、これを判断基準にしなさいということがあります。それはあなたの上司は「人格」を否定する人か、それとも行動を叱る人間かです。

もし人格を否定する上司がいるなら、ロクな会社ではないから辞めてもいい。しかし口うるさくても、行動を叱る上司ならその人についていくべき。ということです。

もちろんあなたが上司なら、部下の行動を改善させて成長させる叱り方をしてください。ポイントは何故?よりどうする?と問いかけ答えを考えさせること。

うまくできないことが多いと、イライラしてしまうこともあって人格を否定しやすくなってしまいますが、あくまでも行動を叱るようにしましょう。

MEMO
人格を否定するか、行動を叱るのかが、重要なポイント!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA